ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの新工場を建設すると発表した。投資規模は8000億円に達し、米アップルも投資に参加するという。同社が米国に巨額投資を実施することは予想されていたが、投資規模の大きさに市場からは驚きの声が上がっている。

trumphonhai

 鴻海が米国に工場を建設するのは、当然のことながらトランプ大統領の保護主義的な政策に対応するためである。トランプ氏は選挙期間中からアップルとiPhoneの製造を一手に引き受ける鴻海に対して、米国内の雇用を奪っているとして厳しく批判してきた。
 この状況に助け船を出したのがソフトバンクの孫正義社長である。孫氏はトランプ氏が大統領選挙に当選するとすぐにトランプ氏を訪問し、500億ドル(約5兆7000億円)を米国に投資し、5万人の雇用を生みだすことを約束している。

 実はこの時、孫氏は鴻海の米国投資計画についてもトランプ氏に説明している。孫氏が提示した資料には、鴻海の名前もあり、70億ドルの投資と5万人の雇用を生み出すとの記述があった。このため関係者の多くは、近く鴻海が米国への投資を決断すると予想していた。

 ただ、鴻海は昨年末、中国に約1兆円を投じて大型の液晶パネル工場を建設すると発表したばかり。それに続く大型投資案件であり、投資規模も8000億円と大きく、一部からは供給過剰リスクを指摘する声が上がっている。
 今回の投資にはアップルも参加することを考えると、同社は大型TVなど家電製品の投入を検討している可能性がある。もしそうであれば、供給過剰という問題は発生しないかもしれない。

 液晶パネルの工場は、単純に生産ラインだけがあればよいというものではなく、工場に部品を供給するメーカーとの協力関係が不可欠となる。場合によってはこうした部品メーカーも鴻海の米国進出に合わせて米国内に工場を建設する可能性があり、現地の雇用はさらに伸びることになるだろう。

 一般的にコストの高い国で生産するのは効率が悪く、企業の業績悪化要因となるが、アップルの製品価格は高いため、ある程度のコスト増加は価格に転嫁できる可能性がある。また米国は人件費こそ高いものの、シェールガスの開発によってエネルギーをもっとも安く調達できる環境にある。
 製造拠点の米国シフトは、行き過ぎれば米国経済全体にとってマイナスとなるが、当面は政治優先で、こうした動きが継続する可能性が高い。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …