ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和することを決定した。情報を匿名化したうえで他の企業に売買できる新ルールをつくり、新商品の開発や新規ビジネスの創出を後押しする。

 住所の一部や氏名、電話番号など個人を特定できる情報を削除したデータを作成。その情報を他社が買い取ってマーケティング活動に生かせるようにする。情報の出し手としては、患者データを保有する病院や、POSデータを持つスーパーなど流通業が想定されている。

 日本では個人情報保護の概念が間違って流布され、大変な混乱をきたしている。個人情報保護法の本来の目的は、企業などが個人情報を収集することを禁止するためのものではない。むしろ、どの範囲までなら自由に情報を収集して売買できるのかを定めるためのものである。
 ところが一般には、個人情報の取得そのものが法律違反であるかのような風潮が蔓延し、適正な個人情報の取得ができないケースが相次いでいる。

 なぜそうなったのかというと、この法律が出来た背景に、愛人スキャンダル問題などでマスコミ対応に苦慮した一部の政治家の存在があるからだ。個人情報の取得に制限をかければ、自分達に都合の悪い取材を弾圧できると考えたのである。

 この結果、個人情報の取り扱いそのものがタブー視され、新潟県中越地震の際には、支援が必要な人の名簿作成が進まないというバカげた事態まで発生した。法律の上位概念に照らせば、非常事態において個人情報の保護より人命の方が優先されるなど考えるまでもないことだが、一部の人には上位概念という考え方は理解できないらしい。

 一方、違法な形で入手した個人情報データベースをもとにした詐欺商法は後を絶たず、スマホなどの分野では勝手な個人情報の抜き取りが横行しておりまさに無法地帯である。良識を持った事業者のビジネスだけを阻害しているというのが現在の個人情報保護法の実態といえるだろう。

 米国ではムダなDMがたくさん届くなどの弊害は皆が認識しているものの、一方で正規の手続きを経て入手された個人情報(職歴や犯罪歴も含む)は必要に応じて入手することが可能となっており、社会の透明化、公正化に大きな役割を果たしている。今回の規制緩和は正常化に向けての第一歩といえるだろう。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …