ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想を公表した。施設の運営にかかる費用(水道光熱費など)は現行の築地市場の約5倍となっており、かなりの高コスト体質であることが明らかとなった。地下水の汚染が予想よりも深刻である可能性も出てきており、豊洲移転は微妙な情勢になってきた。

toyosuiten

 オフィスビルや物流センターなど、いわゆる業務用施設は建設費に加えて多額の維持管理費が必要となる。民間企業では、施設を利用するすべての期間を念頭に総コスト(ライフサイクルコスト:LCC)を算出し、経済合理性について検討するのが一般的である。

 だが官庁会計には減価償却やライフサイクルコストという概念はなく、東京都はこうした試算を行ってこなかった。総合的なコストという点では今回の試算が初めてということになる(ただし建物の解体費用などは考慮されていない)。

 築地市場は温度管理システムなどが導入されていないため、水道光熱費といった一般的な維持管理費は年間約16億円であった。ところが豊洲の場合には約5倍の77億円が必要であることが明らかとなった。修繕費などの経費を加えると年間100億円の支出となり、建物の減価償却を考慮すると166億円の経費がかかる。

 一方、豊洲市場は施設使用料を徴収することで収入を得ることができるが、この金額は年間約68億円と試算されている(築地は約50億円)。収支から支出を差し引いた営業損益は年間約100億円の赤字ということになる。
 仮に減価償却を考慮に入れない場合には年間約30億円の赤字となるが、市場会計全体としては他市場の収益から赤字を補填できるのでギリギリで収支は均衡すると説明している。

 減価償却分については、官庁会計上はすでに支出済みの経費なので一種の埋没コスト(サンクコスト)と見なすことは可能だが、築地と比較した場合、定常状態で5倍のコストがかかるということだけははっきりした。温度管理など新しいシステムを導入したことの効果とコストの見合いをどう考えるのかという部分がポイントになるだろう。

 また、最新の地下水モニタリング調査では基準値の79倍という高濃度のベンゼンが検出されており、土壌汚染についても予想以上に深刻な状況である可能性も浮上してきた。環境汚染については、単純に経済合理性だけでは割り切れない部分があるため、問題をより複雑にすることになる。

 最後は政治決断ということになるが、場合によっては豊洲移転中止という選択も十分に考えられる状況となってきたようだ。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

jieitai
軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大しているこ …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

kiki
樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

obama1112
アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大 …