ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになったのは米国のシェールガス革命。米国がエネルギー輸出解禁に舵を切ったことから、安価な米国産LNG(液化天然ガス)の輸入が可能となった。日本はこれまで国際相場をはるかに上回る高い価格でLNGを購入させられてきたが、こうした状況を打開できる可能性が見えてきた。

lngusa

  米国からLNGを購入したのは東京電力と中部電力の合弁会社JERA。同社は米シェニエール社とLNGの調達契約を締結しており、昨年12月7日にシェニエール社が運営するルイジアナ州の基地からLNGタンカーが出航。今年の1月6日に中部電力上越火力発電所に到着した。アラスカ産を除けば、日本が米国産LNGを輸入するのは初めてのことになる。

 日本はよく知られているように世界でも指折りのLNG輸入大国である。火力発電所の燃料用途を中心に2015年度には約4兆5000億円のLNGを輸入している。原油の輸入金額は約7兆4000億円であることを考えると、LNGは原油に匹敵する重要性を持つ。

 とこが日本は国際的に見ても異常な高値でLNGを買い続けていることでも知られている。最近の日本におけるLNG価格は100万BTU(英式熱量単位)あたり約9ドルだが、欧州は約5ドル、米国は約4ドルというのが標準的。福島第一原発事故の直後は、日本がLNGの輸入を増やすとの思惑からさらに価格が急騰。一時は18ドルという高値での取引を余儀なくされていた。

 日本向けのLNG価格が高かったのは、日本に価格交渉力がなかったことが最大の原因。日本はオイルショック後、原油に依存しないエネルギー源の確保に迫られ、コストを考えずに原油価格連動方式でLNGを長期契約した。この慣行が今まで継続したことで価格が高止まりしていた。

 こうした状況を変えるきっかけとなったのが米国のシェールガス革命である。米国は安全保障上の理由からこれまでエネルギーの輸出を規制してきたが、米国がサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国に転じたことで状況が変わった。
 米国は、国内で消費するすべてのエネルギーを自給することが可能となり、米政府は余剰エネルギーについて輸出を許可する方針に転じた。今回、日本が輸入したのは、これによって輸出が許可されたLNGである。

 カタールやオーストラリアなど日本に天然ガスを輸出してきた国々は、これまで日本側からの交渉に応じることはなかったが、米国が安価なLNGを定常的に供給するということになれば話は変わってくる。両国が簡単にLNG価格を引き下げることは考えにくいが、交渉材料を手にしたという意味は大きいはずだ。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

abekaiken
設備投資が回復せずアベノミクスは完全に手詰まり状態。原点回帰しか方法はない?

 内閣府は6月12日、4月の機械受注統計を発表した。民間設備投資の先行指標といわ …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …