ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになったのは米国のシェールガス革命。米国がエネルギー輸出解禁に舵を切ったことから、安価な米国産LNG(液化天然ガス)の輸入が可能となった。日本はこれまで国際相場をはるかに上回る高い価格でLNGを購入させられてきたが、こうした状況を打開できる可能性が見えてきた。

lngusa

  米国からLNGを購入したのは東京電力と中部電力の合弁会社JERA。同社は米シェニエール社とLNGの調達契約を締結しており、昨年12月7日にシェニエール社が運営するルイジアナ州の基地からLNGタンカーが出航。今年の1月6日に中部電力上越火力発電所に到着した。アラスカ産を除けば、日本が米国産LNGを輸入するのは初めてのことになる。

 日本はよく知られているように世界でも指折りのLNG輸入大国である。火力発電所の燃料用途を中心に2015年度には約4兆5000億円のLNGを輸入している。原油の輸入金額は約7兆4000億円であることを考えると、LNGは原油に匹敵する重要性を持つ。

 とこが日本は国際的に見ても異常な高値でLNGを買い続けていることでも知られている。最近の日本におけるLNG価格は100万BTU(英式熱量単位)あたり約9ドルだが、欧州は約5ドル、米国は約4ドルというのが標準的。福島第一原発事故の直後は、日本がLNGの輸入を増やすとの思惑からさらに価格が急騰。一時は18ドルという高値での取引を余儀なくされていた。

 日本向けのLNG価格が高かったのは、日本に価格交渉力がなかったことが最大の原因。日本はオイルショック後、原油に依存しないエネルギー源の確保に迫られ、コストを考えずに原油価格連動方式でLNGを長期契約した。この慣行が今まで継続したことで価格が高止まりしていた。

 こうした状況を変えるきっかけとなったのが米国のシェールガス革命である。米国は安全保障上の理由からこれまでエネルギーの輸出を規制してきたが、米国がサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国に転じたことで状況が変わった。
 米国は、国内で消費するすべてのエネルギーを自給することが可能となり、米政府は余剰エネルギーについて輸出を許可する方針に転じた。今回、日本が輸入したのは、これによって輸出が許可されたLNGである。

 カタールやオーストラリアなど日本に天然ガスを輸出してきた国々は、これまで日本側からの交渉に応じることはなかったが、米国が安価なLNGを定常的に供給するということになれば話は変わってくる。両国が簡単にLNG価格を引き下げることは考えにくいが、交渉材料を手にしたという意味は大きいはずだ。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …