ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。

 福島原発以降、国産米の価格が高止まりしていることから、じわじわと輸入米が増え、店頭で購入する消費者が増えている。この輸入米だが、想像以上に「旨い」と一部の消費者の間で大きな話題となっている。

 背景にあるのは、グローバル化を背景にした農業技術の普遍化と日本食に対する世界的ニーズの増大である。
 日本食はもはやグローバルスタンダード。米国や中国で作られるコメは、日本のコメ自由化だけを狙って作られているわけではない。すでに世界にはおいしいコメに対する莫大な需要があり、技術も日進月歩。日本という国とは無関係に、日本食のマーケットは増大し、コメはさらに美味しく、安くなってくるだろう。

 このような出来事はあらゆる分野で起こっている。これまで他の地域では絶対に作れないといわれていたフランスのブルゴーニュ・ワイン。チリなどの第三国が、驚異的な味とコスト・パフォーマンスの製品を相次いで市場に投入し、マーケットが激変している。

 日本では農業保護をめぐってTPPへの参加の是非に関する議論が続いている。だが世界レベルで見ると、日本がTPPに参加して農業を自由化することなど、大した話ではないのだ。

 目先の農業保護といった、視野の狭い議論を続けていると、農業どころか、すべてを失いかねない状況になっていることに日本人は気付いていない。
  このままでは、近い将来、おいしいコメの作り方を外国に指導してもらう日が来るだろう。

 

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

chenguangbiao
これが本当の成金だ!中国の富豪がニューヨークの慈善活動パフォーマンスで大顰蹙

 中国人の富豪で、派手な慈善活動のパフォーマンスで知られる陳光標氏が、ニューヨー …

kaieda
民主党の代表選に海江田氏が「比例復活」の状態でも出馬するワケ

 民主党は22日に実施する代表選に、同党の海江田万里元経済産業相が立候補を決めた …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

ianfunozo
NY州議会で慰安婦問題が決議。米国政界に広がる危険な兆候

 米国ニューヨーク州議会上院は29日、従軍慰安婦問題について「人道に対する罪」と …