ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。

 福島原発以降、国産米の価格が高止まりしていることから、じわじわと輸入米が増え、店頭で購入する消費者が増えている。この輸入米だが、想像以上に「旨い」と一部の消費者の間で大きな話題となっている。

 背景にあるのは、グローバル化を背景にした農業技術の普遍化と日本食に対する世界的ニーズの増大である。
 日本食はもはやグローバルスタンダード。米国や中国で作られるコメは、日本のコメ自由化だけを狙って作られているわけではない。すでに世界にはおいしいコメに対する莫大な需要があり、技術も日進月歩。日本という国とは無関係に、日本食のマーケットは増大し、コメはさらに美味しく、安くなってくるだろう。

 このような出来事はあらゆる分野で起こっている。これまで他の地域では絶対に作れないといわれていたフランスのブルゴーニュ・ワイン。チリなどの第三国が、驚異的な味とコスト・パフォーマンスの製品を相次いで市場に投入し、マーケットが激変している。

 日本では農業保護をめぐってTPPへの参加の是非に関する議論が続いている。だが世界レベルで見ると、日本がTPPに参加して農業を自由化することなど、大した話ではないのだ。

 目先の農業保護といった、視野の狭い議論を続けていると、農業どころか、すべてを失いかねない状況になっていることに日本人は気付いていない。
  このままでは、近い将来、おいしいコメの作り方を外国に指導してもらう日が来るだろう。

 

 - 政治, 社会

  関連記事

orando
秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フラ …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

obamasensei
オバマ大統領が宣誓にリンカーン大統領とキング牧師の聖書を用いるワケ

 昨年の大統領選挙で再選されたオバマ大統領が20日正午(日本時間21日午前2時) …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …