ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島原発2号機の内部映像を東電が公開。最悪の状態ではなさそうだが・・・

 

 東京電力は2017年1月30日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部の映像を公開した。全体像の把握にはまだ時間がかかるが、廃炉作業に向けた最初のステップが動き始めた。

fukusima2goki

 福島第1原発の廃炉作業を実施するためには、原子炉内部の状況を把握する必要がある。1号機と3号機は水素爆発を起こしたため内部の損傷が激しく、今のところ調査は進んでいない。2号機については爆発を起こしていなかったことから、ある程度の調査ができるのではないかと期待されていた。

 今回の調査は、圧力容器の下部に燃料デブリ(核燃料などが溶融して固まったもの)が落下していないかを確認することが目的。カメラを搭載したパイプを格納容器の横から挿入して内部の撮影を行った。

 もし圧力容器下部の大半が損傷し、多くの燃料が溶け落ちていた場合、原子炉下部の空間に広範囲にわたって燃料デブリが存在する可能性が高い。燃料デブリは極めて強い放射線を出すため、このような状態で廃炉作業を行うのは困難である。

  圧力容器下部を撮影したところ、制御棒の駆動装置が映っており、少なくとも撮影範囲については、装置が大破あるいは消失した状態ではないことが確認された(写真)。少なくとも原子炉の底が完全に抜けた状態ではないことが分かる。
 また動画の撮影中は画面にはほとんどノイズが映っておらず、著しく高い放射線量ではないことをうかがわせたほか、圧力容器からは水がしたたり落ちている様子も確認された。これは原子炉内部に注入している冷却水が、ある程度、炉内に貯まっていることを意味しており、原子炉の損傷がそれほど大きくない可能性を示唆している。

 一方、圧力容器下部の構造物に一部、消滅している部分があったり、堆積物が確認できるところも確認された。これが溶け出した燃料によるものなのかは今後の分析を待つ必要がある。溶けた燃料による破損であれば、さらに下部に燃料が落下している可能性が高く、廃炉作業の難易度は上がる。

 いずれにせよ、格納容器内部の撮影が出来たことは、廃炉作業にとっては大きな前進となる。東電では今後、内部にロボットを入れてより詳しい調査を行うとしている。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …