ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝鮮の金正恩氏が選ばれたと大々的に報じた。

 だがネタ元になった米国サイト「onion」は有名な風刺サイト。過去にはセクシーな男性として、シリアの独裁者アサド大統領や米NASDAQ元会長で全米市場最大の詐欺事件の首謀者マドフ氏などが選ばれている。人民日報の編集者はそれを知らずに大真面目に記事を掲載したため、世紀の大誤報となった。

 人民日報の記事では、「オニオン」から引用した、「ハンサムな丸顔」「少年のような魅力」「逞しい肉体(Onion誌ではデブを茶化した表現)」といった皮肉をそのまま大真面目に掲載している。
 米各誌が人民日報の「誤報」について相次いで報道したことで、人民日報はあわててその記事を削除し、現在は見られなくなっている。

 特に笑えるのが「シックなショートヘア」という表現。金正恩氏の刈り上げは強烈なイメージをもたらしているが、これは金正恩氏の祖父で北朝鮮建国の父である金日成氏のイメージとダブらせるための戦略。金日成氏は若い時には、正恩氏のようなふっくらとした体系で、同じような刈り上げカットだった。カリスマ性を持っていた金日成氏に似せることで、権力世襲を正当化しようという当局の意図がある。

 だが肝心の正恩氏は、この髪型に最後まで抵抗したという。正恩氏は独裁者の息子とはいえ、少年時代をスイスで過ごした国際派。全身ブランド物で身を固めた美女の奥さんをもらったのに、あの髪型はツラい。だが側近の度重なる説得に、最後は折れたという。
 人民日報の編集者は今頃大目玉を食らっているだろう。一昔前の中国なら密かに「消された」されたかもしれないが、現在の中国であれば多少の人権意識が定着していることを願いたい。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

egyptdemo02
エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保ってい …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

shukinpei
中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …