ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言を考えれば十分に予想されたことではあったが、市場では動揺が広がっている。

trumporder

 日本の為替政策に対する批判が飛び出したのは、2017年1月31日に行われた製薬会社幹部との会合。トランプ氏は企業トップに対して、米国内で製造し雇用を増やして欲しいと要望していたが、その中で突然、中国と日本の為替について言及。「資金供給で有利な立場にある」と批判した。資金供給というのは、日銀の量的緩和策のことを指しているとみられ、日銀の量的緩和策がトランプ氏の攻撃対象となった。

 トランプ氏が為替について言及するであろうことは以前から予想されていた。トランプ政権では、大規模なインフラ投資と減税を公約として掲げており、その結果としてドル高が進む可能性が高い。ドル高が景気の腰を折らないよう、口先で介入してくることは、自国中心主義のトランプ政権なら十分考えられる。

 これまで各国は量的緩和策を行ってきたが、あくまで金融政策の範疇にとどまっていれば為替操作とみなさないという暗黙の了解があった。だがこれは、中央銀行幹部や官僚など、実務家による取り決めに過ぎず、政治の前では無力となる。
 さらにいえば、日本の量的緩和策の相対的な規模は世界でも突出しており、場合によっては為替操作と見なされるリスクはあった。それがトランプ氏という特異なキャラクターによって顕在化しただけである。
 同じく名指しされた中国は、名実共に為替操作国だが、「日本と中国は違う」といったようなテクニカルな説明はあまり意味をなさないだろう。

 就任後、保護主義的な大統領令を連発していることからも分かるように、トランプ氏は、自国中心主義という点で、妥協の余地はほとんどなさそうである。今後も当分の間、為替に対する牽制は続くとみた方がよいだろう。
 もっとも、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)としてドル高であることは間違いない。仮に口先介入が続いたとしてもドル高が緩和されるという形に落ち着く可能性が高い。かつてのプラザ合意のような極端な円高というシナリオは今のところ描きにくい状況だ。

 本来の為替水準に比して、自国通貨を割安に誘導すれば、自国の産業を甘やかすことになり、最終的には競争力の低下につながる。だが、こうした効果が顕在化するのはかなり先のことであり、米国のような超大国にとっては、当面、ドル高是正の政策は効果を発揮する可能性が高い。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …