ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言を考えれば十分に予想されたことではあったが、市場では動揺が広がっている。

trumporder

 日本の為替政策に対する批判が飛び出したのは、2017年1月31日に行われた製薬会社幹部との会合。トランプ氏は企業トップに対して、米国内で製造し雇用を増やして欲しいと要望していたが、その中で突然、中国と日本の為替について言及。「資金供給で有利な立場にある」と批判した。資金供給というのは、日銀の量的緩和策のことを指しているとみられ、日銀の量的緩和策がトランプ氏の攻撃対象となった。

 トランプ氏が為替について言及するであろうことは以前から予想されていた。トランプ政権では、大規模なインフラ投資と減税を公約として掲げており、その結果としてドル高が進む可能性が高い。ドル高が景気の腰を折らないよう、口先で介入してくることは、自国中心主義のトランプ政権なら十分考えられる。

 これまで各国は量的緩和策を行ってきたが、あくまで金融政策の範疇にとどまっていれば為替操作とみなさないという暗黙の了解があった。だがこれは、中央銀行幹部や官僚など、実務家による取り決めに過ぎず、政治の前では無力となる。
 さらにいえば、日本の量的緩和策の相対的な規模は世界でも突出しており、場合によっては為替操作と見なされるリスクはあった。それがトランプ氏という特異なキャラクターによって顕在化しただけである。
 同じく名指しされた中国は、名実共に為替操作国だが、「日本と中国は違う」といったようなテクニカルな説明はあまり意味をなさないだろう。

 就任後、保護主義的な大統領令を連発していることからも分かるように、トランプ氏は、自国中心主義という点で、妥協の余地はほとんどなさそうである。今後も当分の間、為替に対する牽制は続くとみた方がよいだろう。
 もっとも、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)としてドル高であることは間違いない。仮に口先介入が続いたとしてもドル高が緩和されるという形に落ち着く可能性が高い。かつてのプラザ合意のような極端な円高というシナリオは今のところ描きにくい状況だ。

 本来の為替水準に比して、自国通貨を割安に誘導すれば、自国の産業を甘やかすことになり、最終的には競争力の低下につながる。だが、こうした効果が顕在化するのはかなり先のことであり、米国のような超大国にとっては、当面、ドル高是正の政策は効果を発揮する可能性が高い。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …