ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。しかし、これだけで同社の財務が健全化する可能性は低く、同社は今後も事業の切り売りを迫られるとの見方は根強い。市場ではPOS事業などを手がける東芝テックなどに注目が集まっている。

toshibassd

 同社の米原子力事業は大型プロジェクトの失敗などで多額の損失を抱えている。金額は現在、精査中だが7000億円に達するとの見方もある。2016年9月末時点における同社の自己資本は3600億円なので、損失額によっては債務超過に陥る可能性も否定できない。

 事態を打開するため東芝は2017年1月27日、数少ない収益事業であるメモリー事業を分社化する方針を明らかにした。分社化の対象となるのは、NAND型フラッシュメモリーと、同メモリーを使用したSSD(ソリッドステートドライブ)事業の2つ。
 NAND型フラッシュメモリーはデータの書き込みと消去が可能は半導体で東芝が開発した。電源を切ってもデータが消失しないことから、スマホの記憶媒体やUSBメモリーなどで多用されている。また、フラッシュメモリーを搭載したSSDは、ハードディスクドライブ(HDD)よりも高速に読み出しが出来ることから、パソコンやサーバーの記憶装置としての需要が増加中だ。

 メモリー事業の2015年度における売上高は約8500億円で、約1100億円の部門利益を上げている。東芝では数少ない収益事業であり、買い手には事欠かない。分社化と外部資本の導入はスムーズに進むだろう。だが問題はその後である。

 原子力部門の損失をすべて穴埋めするには、メモリー事業の大半を手放す必要があるが、今のところ同社では外部資本比率を2割程度にしたい意向を示している。そうなると財務的な手当ては十分ではなく、同社は追加の事業売却を迫られる可能性もある。

 ただ、原子力とメモリーという中核事業を失った今、同社にめぼしい事業は残されていない。メモリー分社化後は、エレベーターなどの社会インフラ部門、POSシステム事業、メモリー以外の半導体事業といった構成になる。
 この中でPOSシステム事業は、東芝テックという子会社が担当しており、同社は株式市場に上場している。本体事業との関連も少なく、独立事業としての色彩が濃い。メモリー事業の外部への資本放出を拡大するか、こうした連結子会社の事業売却がさらに進む可能性は高いだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …