ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。しかし、これだけで同社の財務が健全化する可能性は低く、同社は今後も事業の切り売りを迫られるとの見方は根強い。市場ではPOS事業などを手がける東芝テックなどに注目が集まっている。

toshibassd

 同社の米原子力事業は大型プロジェクトの失敗などで多額の損失を抱えている。金額は現在、精査中だが7000億円に達するとの見方もある。2016年9月末時点における同社の自己資本は3600億円なので、損失額によっては債務超過に陥る可能性も否定できない。

 事態を打開するため東芝は2017年1月27日、数少ない収益事業であるメモリー事業を分社化する方針を明らかにした。分社化の対象となるのは、NAND型フラッシュメモリーと、同メモリーを使用したSSD(ソリッドステートドライブ)事業の2つ。
 NAND型フラッシュメモリーはデータの書き込みと消去が可能は半導体で東芝が開発した。電源を切ってもデータが消失しないことから、スマホの記憶媒体やUSBメモリーなどで多用されている。また、フラッシュメモリーを搭載したSSDは、ハードディスクドライブ(HDD)よりも高速に読み出しが出来ることから、パソコンやサーバーの記憶装置としての需要が増加中だ。

 メモリー事業の2015年度における売上高は約8500億円で、約1100億円の部門利益を上げている。東芝では数少ない収益事業であり、買い手には事欠かない。分社化と外部資本の導入はスムーズに進むだろう。だが問題はその後である。

 原子力部門の損失をすべて穴埋めするには、メモリー事業の大半を手放す必要があるが、今のところ同社では外部資本比率を2割程度にしたい意向を示している。そうなると財務的な手当ては十分ではなく、同社は追加の事業売却を迫られる可能性もある。

 ただ、原子力とメモリーという中核事業を失った今、同社にめぼしい事業は残されていない。メモリー分社化後は、エレベーターなどの社会インフラ部門、POSシステム事業、メモリー以外の半導体事業といった構成になる。
 この中でPOSシステム事業は、東芝テックという子会社が担当しており、同社は株式市場に上場している。本体事業との関連も少なく、独立事業としての色彩が濃い。メモリー事業の外部への資本放出を拡大するか、こうした連結子会社の事業売却がさらに進む可能性は高いだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …