ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一部を日本の公的年金が担うとの報道が出ている。2017年2月10日に予定されている日米首脳会談で日本側が提案するという。安倍首相は否定しているが、公的年金による海外インフラ投資は以前から検討されていたテーマであり、場合によっては投資が実施される可能性もゼロではない。

abetoranpu

 トランプ大統領は総額1兆ドルという巨額のインフラ投資を公約として掲げている。ただ共和党主流派の中には、大規模な公共事業に対して懐疑的な意見もあり、全額が予算として成立するのかは微妙な状況となっている。
 トランプ氏の公約と、小さな政府という共和党の主張の折衷案として浮上しているのが、民間資金の活用である。政府が直接、投資を行うのではなく、民間がファンドを組成し、そこに政府が融資を行うというスキームが取り沙汰されている。

 一方、安倍政権はトランプ氏が日本の貿易政策について批判を強めていることから、日米首脳会談において日本側から魅力的な提案を行い、交渉材料にする必要に迫られている。米国インフラ投資への資金拠出はこうした流れで浮上してきたものと思われる。

 もっともこの報道に対して安倍首相は「政府として検討しているわけではない」と発言。公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も否定している。GPIFのルール上、政府が運用先を指示することはできないので、日米首脳会談を前提にこうした投資を検討するということは理屈上、あり得ないことになる。

 だがGPIFは以前から国内株に代わる運用先として、海外のインフラ投資を検討してきた。2014年10月に発表されたGPIFの運用見直し案では、全体の5%を上限にオルタナティブ投資に資金を配分する方針が示されており、その中には海外のインフラ案件が含まれている。

 ただインフラ投資は市場で売買される金融商品ではないため、流動性が低く、ひとたび投資してしまうと換金することは容易ではない。またプロジェクトが長期にわたるため、投資の妥当性に関する評価も、ある程度は、不確実性を織り込む必要が出てくる。一般的な投資案件よりも高いリターンが得られなければ、投資するメリットは少ないだろう。

 米国は大型のインフラ投資が実現した場合、継続的な成長が見込みめることに加え、一連の経済政策はドル高をもたらす可能性が高い。日本からの投資という点では魅力的な対象になる可能性もある。

 現在のGPIFは、すでに大量の日本株を購入済みであり、それほど投資余力があるわけではない。今やGPIFは日本企業の大株主であり、銘柄の入れ替えのために株を売却すれば、それ自体が株価の下落要因になってしまう。仮に米国のインフラ投資に拠出するにしても、大きな金額は難しいだろう。

 ただ、国内にはゆうちょ銀行という最後の砦がある。同行の運用資金や顧客基盤を活用すれば、数兆円の追加投資は不可能ではない。だが、ここでゆうちょ銀行の資金を使ってしまえば、日本国内にはもはや虎の子の資金は存在しないことになる。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …