ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改正案を閣議決定した。所得が高い高齢者の自己負担率については2015年8月に1割から2割に上げたばかりだが、高所得者の負担をさらに増やすことで介護保険の支出を抑制する。

kaigojikofutan

 介護保険は原則として1割の自己負担で介護サービスを受けることができる。だが2015年8月からは自己負担率の見直しが行われており、条件によって異なるものの、実質的な所得が280万円以上ある高齢者の自己負担は2割となった。
 今回の改正では、1人暮らしで年収が340万円以上ある人の自己負担は、来年8月以降、2割から3割に引き上げられる。実際に負担が増加するのは、利用者のうち3%程度だという。

 介護保険制度は高齢化の進展に伴い給付と支出のバランスが取れなくなってきている。しかも、状況はさらに厳しくなることが予想されている。介護の業界でよく言われているのが、介護の2025年問題である。
 厚生労働省は介護人材の需給推計を行っているが、それによると、2025年度には全国で253万人の介護職員が必要となるが、現状のままでは約215万人しか人材を確保することができず、約38万人の介護職員が不足するという。

 2025年に焦点が当たっているのは、ちょうど団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になるタイミングだからである。75歳を超えると要介護認定を受ける人の数は急増するため、介護保険の負担が急増すると考えられている。

 人手不足を解消するには介護職員の賃金を大幅に上げる必要が出てくるが、すでに厳しい状況にある介護保険財政を考えると大幅な賃上げは難しい。結局のところ、歳出を抑制する以外に方法はなく、とりあえずは所得のある高齢者の負担増から手を付けたわけだ。

  こうした措置を講じても、介護保険の財政問題は抜本的に解決できる話ではない。最終的には自己負担率の引き上げがあらゆる世帯に及び、家族の負担は増えるだろう。
 安倍政権では、家族の介護を理由に仕事を断念する、いわゆる「介護離職」をゼロにすることを目標として掲げている。だが自己負担率の増加は完全に逆効果であり、目標の実現はさらに遠くなる。

 極めて厳しい状態に置かれている日本の財政を考えた場合、国民負担の大幅な増加といった根本策を講じなければ、給付の抑制を避けて通ることはできない。結局のところ、欧米型の個人で完結した社会保障は実現できず、家族が面倒を見るという前近代的なシステムが続くことになる可能性が高い。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …