ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大統領だが、フタを開けてみれば、政権幹部に多数のウォール街関係者が登用されている。特に名門投資銀行と呼ばれるゴールドマン・サックスの出身者が目立つ。同行はこれまでも多くの政権に人材を輩出してきたが、トランプ政権になっても状況は大きく変わらないようだ。

munyutin

 ゴールドマン出身でもっとも重要なポストに就いているのは、財務長官のスティーブン・ムニューチン氏と国家経済会議(NEC)議長のゲーリー・コーン氏である。ムニューチン氏は同社の元パートナー(経営幹部)で、父親も同社出身という根っからの金融マンである。コーン氏の前職はGSの社長兼最高執行責任者(COO)で、同社のナンバー2というポジションだった。次期社長の声もあったが政権入りを選んだ。

 変わったところでは、首席戦略官・上級顧問に就任したスティーブン・バノン氏もゴールドマン出身である。バノン氏は右翼ニュースサイトの経営者で、トランプ氏の選挙活動の中核を担ってきた。一部からはその人種差別的言動が問題視されている人物だ。
 同氏は海軍を除隊するとゴールドマンの投資銀行部門で働き、ニュースサイトの経営に転じている。ゴールドマンでは幹部というほどのポジションではなく、同社出身なのは偶然と思われるが、人物が人物であるが故に、外部への印象が強烈になってしまった感は否めない。

 このほかにも複数の同社出身幹部が政権入りしているが、これだけの数のウォール街出身者がいれば、当然、政策もその影響を受けることになる。
 トランプ大統領は就任するとすぐに、オバマ政権が進めてきた金融規制を見直す大統領令に署名した。ドット・フランク法に基づく各種の規制を緩和し、金融機関が再び高リスク取引に参入できるようにすることが目的であり、これはウォール街の悲願でもあった。

 今のところ米国は順調に経済成長を続けており、株価も業績に連動して動いている。規制緩和によって信用リスクの許容度が上がったとしても、すぐにバブル的な状況になるわけではないが、緩和が行き過ぎれば、長期的にはバブルの元凶になる可能性は否定できない。
 現在のドット・フランク法による規制は厳しすぎるとの声もあり、今回の規制緩和はプラスに評価する声もある。この政策が米国経済にどのような影響を与えるのかについては、しばらく様子を見た方がよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …