ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大統領だが、フタを開けてみれば、政権幹部に多数のウォール街関係者が登用されている。特に名門投資銀行と呼ばれるゴールドマン・サックスの出身者が目立つ。同行はこれまでも多くの政権に人材を輩出してきたが、トランプ政権になっても状況は大きく変わらないようだ。

munyutin

 ゴールドマン出身でもっとも重要なポストに就いているのは、財務長官のスティーブン・ムニューチン氏と国家経済会議(NEC)議長のゲーリー・コーン氏である。ムニューチン氏は同社の元パートナー(経営幹部)で、父親も同社出身という根っからの金融マンである。コーン氏の前職はGSの社長兼最高執行責任者(COO)で、同社のナンバー2というポジションだった。次期社長の声もあったが政権入りを選んだ。

 変わったところでは、首席戦略官・上級顧問に就任したスティーブン・バノン氏もゴールドマン出身である。バノン氏は右翼ニュースサイトの経営者で、トランプ氏の選挙活動の中核を担ってきた。一部からはその人種差別的言動が問題視されている人物だ。
 同氏は海軍を除隊するとゴールドマンの投資銀行部門で働き、ニュースサイトの経営に転じている。ゴールドマンでは幹部というほどのポジションではなく、同社出身なのは偶然と思われるが、人物が人物であるが故に、外部への印象が強烈になってしまった感は否めない。

 このほかにも複数の同社出身幹部が政権入りしているが、これだけの数のウォール街出身者がいれば、当然、政策もその影響を受けることになる。
 トランプ大統領は就任するとすぐに、オバマ政権が進めてきた金融規制を見直す大統領令に署名した。ドット・フランク法に基づく各種の規制を緩和し、金融機関が再び高リスク取引に参入できるようにすることが目的であり、これはウォール街の悲願でもあった。

 今のところ米国は順調に経済成長を続けており、株価も業績に連動して動いている。規制緩和によって信用リスクの許容度が上がったとしても、すぐにバブル的な状況になるわけではないが、緩和が行き過ぎれば、長期的にはバブルの元凶になる可能性は否定できない。
 現在のドット・フランク法による規制は厳しすぎるとの声もあり、今回の規制緩和はプラスに評価する声もある。この政策が米国経済にどのような影響を与えるのかについては、しばらく様子を見た方がよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kaigosisetu
特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向 …

hondasayama
自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …