ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大統領だが、フタを開けてみれば、政権幹部に多数のウォール街関係者が登用されている。特に名門投資銀行と呼ばれるゴールドマン・サックスの出身者が目立つ。同行はこれまでも多くの政権に人材を輩出してきたが、トランプ政権になっても状況は大きく変わらないようだ。

munyutin

 ゴールドマン出身でもっとも重要なポストに就いているのは、財務長官のスティーブン・ムニューチン氏と国家経済会議(NEC)議長のゲーリー・コーン氏である。ムニューチン氏は同社の元パートナー(経営幹部)で、父親も同社出身という根っからの金融マンである。コーン氏の前職はGSの社長兼最高執行責任者(COO)で、同社のナンバー2というポジションだった。次期社長の声もあったが政権入りを選んだ。

 変わったところでは、首席戦略官・上級顧問に就任したスティーブン・バノン氏もゴールドマン出身である。バノン氏は右翼ニュースサイトの経営者で、トランプ氏の選挙活動の中核を担ってきた。一部からはその人種差別的言動が問題視されている人物だ。
 同氏は海軍を除隊するとゴールドマンの投資銀行部門で働き、ニュースサイトの経営に転じている。ゴールドマンでは幹部というほどのポジションではなく、同社出身なのは偶然と思われるが、人物が人物であるが故に、外部への印象が強烈になってしまった感は否めない。

 このほかにも複数の同社出身幹部が政権入りしているが、これだけの数のウォール街出身者がいれば、当然、政策もその影響を受けることになる。
 トランプ大統領は就任するとすぐに、オバマ政権が進めてきた金融規制を見直す大統領令に署名した。ドット・フランク法に基づく各種の規制を緩和し、金融機関が再び高リスク取引に参入できるようにすることが目的であり、これはウォール街の悲願でもあった。

 今のところ米国は順調に経済成長を続けており、株価も業績に連動して動いている。規制緩和によって信用リスクの許容度が上がったとしても、すぐにバブル的な状況になるわけではないが、緩和が行き過ぎれば、長期的にはバブルの元凶になる可能性は否定できない。
 現在のドット・フランク法による規制は厳しすぎるとの声もあり、今回の規制緩和はプラスに評価する声もある。この政策が米国経済にどのような影響を与えるのかについては、しばらく様子を見た方がよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

bouekikontena
デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

fbikomi
トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トラン …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …