ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と首脳会談を行った。とりあえず日米関係の重要性を再確認するという無難な形で会談を終えたが、広範囲な分野で議論を行う経済対話の枠組みを創設することで合意するなど、今後に含みを残す形となった。

trumpabe01

 安倍氏とトランプ氏の会談は昼食をはさんで約1時間40分。訪米前の観測では、トランプ氏が貿易や為替について日本側に強い要求を示すとの見方もあったが、結局トランプ氏は外交儀礼に沿った形式的な態度に終始した。
 安倍氏は日本の自動車メーカーが米国の雇用に貢献していることを説明。トランプ氏も日本メーカーの活動を評価した。トランプ氏から具体的な要求が出ることはなく、為替についても直接の議題には上らなかった模様。

 ただ、米国側が貿易や為替についての要望を取り下げたわけではない。これらの問題については、麻生副総理とペンス副大統領による対話の枠組みを新設し、広範囲な分野で包括的に議論することを確認した。具体的な要望は、この経済対話を通じて具体化してくるものと思われる。

 会談後に発表された日米共同宣言は経済面よりも安全保障面が強調された形になった。冒頭に日米関係やアジア太平洋地域の重要性などが盛り込まれ、普天間基地の移設計画については、名護市辺野古への建設を推進することが明記された。また尖閣諸島については、日米同盟の適用範囲であることが再確認された。

 経済面では、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱と、二国間協議の実施が明記されたが、本文中には「自由貿易と公正貿易のルールに基づいて」「市場障壁の削減」といったキーワードがちりばめられており、このあたりが、今後の経済対話の中の焦点となりそうだ。
 
 とりあえず、首脳会談を無事終え、アジア太平洋地域の秩序に大きな変化がないことを確認できたのは大きな成果といえる。だがトランプ政権が本当のところ何を目指しているのか、分からずじまいであった。ドル円の為替について特にトランプ氏からは言及がなかったことで、市場関係者は胸を撫で下ろしているが、今後も、必要に応じて口先介入してくる可能性は否定できない。

 日本側としては、今後の経済対話の場において、目立たない形で負担を要求される結果にならないよう、細心の注意が必要だろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

no image
自民、民主、みんなから数名が維新へ合流。だが面々は微妙

 自民、民主、みんなから維新に合流する国会議員が明らかになってきている。報道され …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

okada01
岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国 …