ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と首脳会談を行った。とりあえず日米関係の重要性を再確認するという無難な形で会談を終えたが、広範囲な分野で議論を行う経済対話の枠組みを創設することで合意するなど、今後に含みを残す形となった。

trumpabe01

 安倍氏とトランプ氏の会談は昼食をはさんで約1時間40分。訪米前の観測では、トランプ氏が貿易や為替について日本側に強い要求を示すとの見方もあったが、結局トランプ氏は外交儀礼に沿った形式的な態度に終始した。
 安倍氏は日本の自動車メーカーが米国の雇用に貢献していることを説明。トランプ氏も日本メーカーの活動を評価した。トランプ氏から具体的な要求が出ることはなく、為替についても直接の議題には上らなかった模様。

 ただ、米国側が貿易や為替についての要望を取り下げたわけではない。これらの問題については、麻生副総理とペンス副大統領による対話の枠組みを新設し、広範囲な分野で包括的に議論することを確認した。具体的な要望は、この経済対話を通じて具体化してくるものと思われる。

 会談後に発表された日米共同宣言は経済面よりも安全保障面が強調された形になった。冒頭に日米関係やアジア太平洋地域の重要性などが盛り込まれ、普天間基地の移設計画については、名護市辺野古への建設を推進することが明記された。また尖閣諸島については、日米同盟の適用範囲であることが再確認された。

 経済面では、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱と、二国間協議の実施が明記されたが、本文中には「自由貿易と公正貿易のルールに基づいて」「市場障壁の削減」といったキーワードがちりばめられており、このあたりが、今後の経済対話の中の焦点となりそうだ。
 
 とりあえず、首脳会談を無事終え、アジア太平洋地域の秩序に大きな変化がないことを確認できたのは大きな成果といえる。だがトランプ政権が本当のところ何を目指しているのか、分からずじまいであった。ドル円の為替について特にトランプ氏からは言及がなかったことで、市場関係者は胸を撫で下ろしているが、今後も、必要に応じて口先介入してくる可能性は否定できない。

 日本側としては、今後の経済対話の場において、目立たない形で負担を要求される結果にならないよう、細心の注意が必要だろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

chousensoren
東京・九段にある朝鮮総連本部ビルがとうとう競売に。思いのほか建物はボロボロだった

 長年にわたって朝鮮総連の拠点となってきた、東京都千代田区にある朝鮮総連中央本部 …

kokusaishushi201308
日本の国際収支状況から見えてくる、今後の日本企業が進むべき道

 財務省は10月8日、8月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

austrariadefense
豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立

 オーストラリア政府は5月3日、国防白書2013を発表した。中国の台頭について脅 …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …