ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.2%、年率換算ではプラス1.0%と4四半期連続のプラス成長となったが、消費は低迷が続いている。

bouekikontena

 GDPの6割を占める個人消費は横ばいとなっており、内需が振るわない状況が続いている。設備投資はプラス0.9%、政府支出はプラス0.4%と成長を後押ししたが、公共事業がマイナス1.8%となり、これらのプラスを打ち消した。
 前期までは住宅が好調だったが、相続税対策のアパート建設が一服したことで住宅投資はプラス0.2%にとどまっている。

 今期のGDP成長のほとんどは輸出増によって実現した。好調な米国経済を背景に米国向けやアジア向けの輸出が増加しており、GDPへの寄与度はプラス0.2%となっている。

 アベノミクスがスタートして以降、日本経済は個人消費の低迷が続き、これを公共事業が補うという構図が続いてきた。円安は進んだが、米国やアジアでの現地生産が増えていることもあって、輸出の増加には結びついていない。一方、円安は輸入物価の高騰をもたらし、これが消費を抑制するという悪循環になっている。

 公共事業の継続には限度があるが、幸い、トランプ大統領の就任によって米国の好景気が継続する可能性が高まってきた。しばらくの間は、米国の景気拡大によって輸出が増加し、その分、GDPも成長するというシナリオが成立する。実際、今期のGDPは、それに近い結果となっている。

 だがこの図式は、米国の好景気で輸出が伸びた2007年前後の状況と同じである。米国の好景気が続いている間に、内需拡大策を実施する必要があったが、リーマンショックが到来し、すべてが変わってしまった。

 今回、トランプ景気が継続している間に、内需拡大策を実施できなければ、前回と同じ轍を踏むことになる。日本経済にとっては、今後しばらく続く小康状態が最後のチャンスということになるかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

no image
鴻海精密工業のカリスマ経営者「郭台銘」氏はどんな人物?

 最近その名前をニュースで目にしない日はない、鴻海精密工業のカリスマ経営者、郭台 …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …