ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業である半導体事業の多くを手放さない限り、自力での存続は不可能となりつつある。しかも、この期に及んでもまだ正式な決算を確定できておらず、会社としての基本機能を維持することもままならない状況だ。

toshibakojo

 東芝が債務超過に転落している可能性が高いというのは以前から指摘されていたが、損失の元凶である原子力事業の実態について同社がなかなか公表しないため、市場では正確な数字を確定できずにいた。

 2月14日に発表した2016年4~12月期決算は4999億円の最終赤字となり、注目されていた米原子力事業の減損は7125億円だった。この損失によって2016年12月末時点の自己資本は1912億円のマイナスとなり、債務超過であることが確定した。

 現在、同社は経営再建を行うため、虎の子であるメモリー事業の分社化を進めている。メモリー事業は現在の東芝では唯一といってよいほどの大型収益事業で、すべてを外部に切り出せば1兆円以上の時価総額になるとの見方もある。

 当初、分社化による株式の外部放出は2割程度に抑えたい意向を示していたが、仮に1兆円の時価総額としても2000億円では債務超過分の穴埋めにしかならない。少なくとも3600億円程度の自己資本を保有していた2016年9月末時点の水準まで財務体質を戻す必要がある。そのためには、メモリー事業の過半数を放出するか、東芝テックなど上場子会社の売却をさらに進める必要があるだろう。

 もっとも、今回の債務超過がこの水準で収束するかどうかは分からない。今回、発表された数字はあくまで見通しであり、監査法人による監査を受けた正式な決算ではないからだ。場合によっては、損失額がさらに拡大する可能性も否定できない状況だ。

 この期に及んで決算を確定できないというのは、常軌を逸しており、本来であれば大きな騒ぎになっていてもおかしくない。だが同社は、もはや「まとも」な会社とは見なされておらず、今回の正式決算見送りについても憤りの声は少ない。

 ただ、このような会社を存続させているという事実は、長期的に見て、日本の資本市場に深刻なダメージを与える可能性が高い。今回の東芝の一件で、先進国の投資ファンドの中には、日本市場を投資対象から外すことを検討するところも出てくるだろう。
 すぐにマイナスの影響が出てくるわけではないが、こうした状況は、将来、ボディーブローのように効いてくる。このツケを払うのは日本人自身であるということを忘れてはならない。

 - 経済 , ,

  関連記事

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

linia
総工費9兆円。リニア建設に伴う過剰負債で、JR東海は旧国鉄時代に逆戻り?

 2027年に開業予定のリニア中央新幹線の詳細な走行ルートが明らかになった。リニ …