ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生したことで、日本の医薬行政に対する信頼が揺らいでいる。

nisegusuri

 厚生労働省は2017年1月17日、奈良県内の薬局でギリアド・サイエンシズ社が販売しているC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽物が発見されたことを明らかにした。同省が調査に乗り出したところ、いくつかのパターンの偽造薬が出回っていることが分かった。

 本物のハーボニー配合錠は、菱形でだいだい色だが、奈良県内で発見された偽造薬は薄い黄色で形状も異なっていた。成分を分析したところビタミン剤だったという。ほかにも、同じボトルの中に類似の医薬品であるソバルディと、紫色をした小さな錠剤が混在しているタイプも発見されている。この錠剤の成分は漢方薬だった。

 日本において医薬品の偽物が出回ることは、あってはならないことである。日本の医薬品に対する規制は厳しく、一般的な医薬品ですらネット販売が制限されている。こうした厳しい規制はややもすると、薬剤師や調剤薬局などの政治利権になりがちであり、実際、そのような面があることは否定できない。
 2012年にはネット事業者が市販薬のインターネット販売を規制したのは違法だとして司法の場で争い、最高裁は事実上、国側を敗訴とする決定まで下している。過剰な規制に対して司法までもが警鐘を鳴らす中、それでも一定の規制が許容されてきたのは、薬の安全性を担保するという大義名分があったからである。

 今回、偽造薬が発見されたのは、処方箋がなければ買うことができない調剤薬局である。高いコストをかけて担保していたはずの処方薬の流通ルートにいとも簡単に偽造薬が混入するようでは、日本の医薬行政は機能していないに等しい。

 今回の事件を受けて、厚労省は流通ルートの調査も進めているが、全体像はまだ把握できていない。現時点では、薬の流通ルートが極めて複雑になっており、卸業者が何回も転売を繰り返している実態が明らかとなっている。規制とは誰のためにあるのか、日本の行政のあり方そのものが問われている。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

no image
ヒラリー国務長官、2016年の大統領選挙に出馬の意向?

 ヒラリー・クリントン米国務長官が2016年の大統領選に出馬するとの噂が広がって …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …

kazoku
家族制度に関する内閣府の調査が明らかにした、少子化が止まらない意外な理由

 内閣府は2月18日、家族の役割や夫婦別姓などに関する世論調査(家族の法制に関す …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

sinbun
新聞協会が消費税軽減税率を求める声明を発表。差別ギリギリのその驚くべき内容とは?

 消費税増税を前に、新聞業界が新聞などへの軽減税率適用を求めて政府・与党に対する …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …