ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因があるが、最大の原因は日本経済の貧困化である。日本経済は依然として豊かさを維持しているという半ば願望を含んだ議論も散見されるが、正しい解決策を選択するためにも、現実を直視する必要があるだろう。

shokutaku

 総務省は2017年2月17日、2016年の家計調査の結果を発表した。家計の支出に占める食費の割合を示す「エンゲル係数」は、2人以上の世帯で25.8%となった。これは約30年ぶりの高水準である。

 エンゲル係数は生活の豊かさを示す指標として知られている。食料品には、生活を維持するための最低限度の支出水準というものがあり、嗜好品と比べて極端に節約することができない。生活が苦しくなってくると、家計支出に占める食料品の割合が増加するという傾向が見られることから、一般にエンゲル係数が高い方が貧しい社会とされる。だが、価値観が多様化した豊かな先進国の場合、この法則は当てはまらないケースも多い。

 残念なことに、日本の場合にはそのパターンはあてはまらない。家計の実質消費支出は3年連続でマイナスとなっており、家計が購買力を低下させていることは間違いない。実質賃金のマイナスが続き、実際に消費できる原資としての収入が減っているからである。
 収入が減り、その結果として消費が減少する状況においては、エンゲル係数の上昇は家計の貧しさを反映したものと解釈すべきだろう。

 ここ数年、エンゲル係数が急上昇したという点については、やはり円安の影響が大きいと考えられる。食料品は輸入されるものが多く、円安はそのまま輸入価格の上昇に直結する。加工品の場合にはタイムラグが生じるが、それでも、以前の為替水準と比較した場合、確実にコスト高につながる。

 13日に発表された2016年10~12月期のGDP(国内総生産)は、個人消費が横ばいで内需の弱さが際立つ。しかもトランプ政権の誕生で為替が円安に振れやすくなっており、輸入物価がさらに上昇する可能性もある。エンゲル係数にはまだ上昇余地が残っているかもしれない。

 日本は人口減少が進んでいるとはいえ、1億人以上の単一市場があり、本来であれば豊かな消費社会を構築できる潜在力がある。だが、市場環境があまりにも硬直化していることから、自律的な消費拡大を実現できていない。
 トランプ政権の経済政策が予定通り実施されれば、しばらくは米国景気に牽引され、輸出産業を中心に企業業績の拡大が期待できる。この間に、しっかりとした内需経済を確立できるかどうかで、今後の消費市場の動向が決まってくるだろう。日本にとっては最後のチャンスとなるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …