ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリコプターマネー論がにわかに注目を集めている。この理論は必ずしも財政健全化を放棄しているわけではないが、増税を嫌う安倍政権がこのプランに飛びつく可能性は否定できない。

simsriron

 新しい理論を提唱しているのは米プリンストン大学のクリストファー・シムズ教授。シムズ氏の提唱する「物価水準の財政理論(FTPL)」は、金融政策一辺倒であった従来の量的緩和策をあらため大型の財政出動を組み合わせるというもの。

 物価水準は貨幣の総量にのみ依存するのではなく、政府の累積債務や財政収支の見通しに左右されるとの立場を取る。政府が将来にわたって増税しないと確約することで、あえて財政赤字を拡大させ、インフレを促進する。結果として政府債務の実質的な削減も実現できるという算段だ。

 財政出動というと、ケインズ型の需要管理政策を思い浮かべるが、シムズ理論あくまで金融政策の延長線上として財政を位置付けている。コントロールする対象はあくまで物価であって需要ではない。

 これは事実上のヘリコプターマネーであり、もし実行すれば財政ファンナンスに近い効果が得られる。税制という観点でみればインフレ課税の実現ということになるだろう。
 シムズ氏は経済紙とのインタビューにおいて、ヘリマネの議論に近いと述べており、ヘリマネと同一視されることについては拒絶していないようだ。従来の環境であれば、こうした理論が注目を浴びることはなかったかもしれないが、状況は大きく変わった。

 日銀は量的緩和策の失敗を事実上、認めた状態にあり、政策には手詰まり感が出ている。安倍政権は消費増税に消極的であり、増税を回避する大義名分が欲しい。こうした状況に対してシムズ理論は魅力的に映る。
 実際、安倍政権のブレーンである浜田宏一米エール大名誉教授はシムズ理論について高く評価する発言を行っている。安倍政権がこの理論に飛びつく可能性はゼロではないだろう。

 当然、シムズ理論は過度なインフレとの背中合わせとなるが、日本の財政は単純な増税では対処できない水準まで悪化しており、もはやインフレ課税しか道はないとの見方も可能だ。本当の意味での「異次元」はこれからやってくる。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …