ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減ってしまった自治体からの不満というニュアンスが強いが、この制度に対しては、地方自治の根幹を揺るがしかねないとの指摘が当初から存在していた。そろそろ制度の見直しについて本格的に議論する必要があるだろう。

furusatonozei

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付をすると、その寄付金額の一部が、所得税や現在住んでいる地域の住民税から控除されるという制度。厳密には税金ではなく寄付行為ということになるが、住んでいる地域の課税が減免され、他の地域の歳入が増えるという現実を考えると、これは事実上の税金と考えてよい。

 地域の行政サービスについては、サービスを受ける人が税金を負担するという受益者負担の原則がある。しかし、ふるさと納税制度では、場合によってはサービスの受益者と納税者が別々になり、納税者間で著しい不公平が生じる可能性がある。
 税の公平性は民主国家における原理原則のひとつであることを考えると、ふるさと納税制度は本来はあってはならない仕組みということになる。一部の識者からは、制度の根本的な欠陥について指摘する声が上がっていたが「地方を応援」といった情緒的なスローガンにかき消され、ほとんど取り上げられることはなかった。

 制度に対する異論は、今のところ税収が減った自治体から出ている。東京都町田市はふるさと納税による控除額から市への寄付額を差し引くと4億円の赤字になるとの見通しを明らかにした。同市の石阪丈一市長は「制度にひずみがある」として政府に見直しを求めている。

 埼玉県所沢市は、返礼品の競争が過剰になっているとして、今年の3月末以降、ふるさと納税をした人への返礼品を廃止する。ふるさと納税の寄付者に対しては、地域の特産品をお礼として贈る自治体も多いが、この行為は徐々にエスカレートし、寄付金額を上回る返礼を行う自治体まで出てきていた。所沢市は、こうした過剰な競争は、制度の趣旨から逸脱していると主張している。

 地方に対する富の再分配は制度として厳密に議論すべきものであり、雰囲気で決めるようなものではない。ましてや返礼品をめぐって競争をエスカレートさせるなど、本末転倒である。制度の見直しに言及しているのはごく一部だが、それでも、こうした声が自治体から上がっていることは素直に評価すべきだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

myanmer02
民主化に逆行?ミャンマーで仏教徒女性の異教徒との結婚を制限する法案が波紋を呼ぶ

 民主化と経済開放が続くミャンマーで、議会に提出が予定されているある法案をめぐっ …