ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減ってしまった自治体からの不満というニュアンスが強いが、この制度に対しては、地方自治の根幹を揺るがしかねないとの指摘が当初から存在していた。そろそろ制度の見直しについて本格的に議論する必要があるだろう。

furusatonozei

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付をすると、その寄付金額の一部が、所得税や現在住んでいる地域の住民税から控除されるという制度。厳密には税金ではなく寄付行為ということになるが、住んでいる地域の課税が減免され、他の地域の歳入が増えるという現実を考えると、これは事実上の税金と考えてよい。

 地域の行政サービスについては、サービスを受ける人が税金を負担するという受益者負担の原則がある。しかし、ふるさと納税制度では、場合によってはサービスの受益者と納税者が別々になり、納税者間で著しい不公平が生じる可能性がある。
 税の公平性は民主国家における原理原則のひとつであることを考えると、ふるさと納税制度は本来はあってはならない仕組みということになる。一部の識者からは、制度の根本的な欠陥について指摘する声が上がっていたが「地方を応援」といった情緒的なスローガンにかき消され、ほとんど取り上げられることはなかった。

 制度に対する異論は、今のところ税収が減った自治体から出ている。東京都町田市はふるさと納税による控除額から市への寄付額を差し引くと4億円の赤字になるとの見通しを明らかにした。同市の石阪丈一市長は「制度にひずみがある」として政府に見直しを求めている。

 埼玉県所沢市は、返礼品の競争が過剰になっているとして、今年の3月末以降、ふるさと納税をした人への返礼品を廃止する。ふるさと納税の寄付者に対しては、地域の特産品をお礼として贈る自治体も多いが、この行為は徐々にエスカレートし、寄付金額を上回る返礼を行う自治体まで出てきていた。所沢市は、こうした過剰な競争は、制度の趣旨から逸脱していると主張している。

 地方に対する富の再分配は制度として厳密に議論すべきものであり、雰囲気で決めるようなものではない。ましてや返礼品をめぐって競争をエスカレートさせるなど、本末転倒である。制度の見直しに言及しているのはごく一部だが、それでも、こうした声が自治体から上がっていることは素直に評価すべきだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …