ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原因や被害総額など詳細は不明だが、経営に対する影響は限定的と思われる。ただ、配送網の再構築などに手間取り、ライバルとの競争に後れを取る可能性は否定できない。

asukuru

 火災が発生したのは、埼玉県三芳町にある「アスクルロジパーク首都圏」。同社は全国に7カ所の物流センターを構えているが、このセンターは横浜と並んで首都圏を中心とした東日本地域向けの配送を担う中核施設だった。法人向け通販サイト「アスクル」や消費者向けの「ロハコ」で扱う商品約7万点を取り扱っている。

 16日朝に火災が発生し、6日間にわたって燃え続け、施設の延べ床面積7万2000平方メートルのうち、4万5000平方メートルを焼失した。首都圏の物流センターの半分が機能しない状態となっているため、横浜のセンターに在庫を集中させたり、関西のセンターから商品を配送するなど、対応に追われている。

 同センターは、アクスルの自社物件で投資金額は約100億円(土地代は別)。被害の全容は不明だが、仮にすべてが使用不能ということになると最大で100億円規模の追加支出となる可能性がある。
 またセンター内には商品在庫が多数存在している。同社は被害金額についてまだ公表していないが、通常の在庫水準などから考えると推定で20億円程度の在庫が被害を受けている可能性がある。

 同社は今回の火災をうけて決算発表を延期しているが、火災発生前の段階では、2017年5月期の決算について95億円の経常利益となる見通しだった。仮に被害総額が100億円規模となり、保険が適用されない場合には利益がすべて吹き飛ぶことになる。

 実際には保険が適用される可能性が高く、実際の負担額はもっと小さくなる。仮に今期の利益がなくなった場合でも、同社は約500億円の自己資本と約370億円のキャッシュを保有しており、十分な余裕がある。今回の火災によって経営の屋台骨が揺らぐことはまずないだろう。

 ただ、物流の混乱は同社の経営にボディーブローのように効いてくる可能性がある。現在、通販各社は物流センター建設競争の最中であり、短時間配送サービスの拡充に力を入れている。このようなタイミングで主力の物流センターを失うことは大きなマイナスであり、競合とのシェア争いという点では注意が必要だ。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …