ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。このところアマゾンを中心にネット通販の荷物が急増しているが、ライバルの佐川は利幅の少ない荷物を引き受けない方針を打ち出したことでヤマトへの集中化が進んでいた。
 一方、ネット通販事業者の中には独自の配送網構築に乗り出すところも出てきている。今回のヤマトの動き次第では、ネット通販の配送をめぐる状況が一変する可能性もある。

takuhai

 取扱量抑制のきっかけになったのは社内の労使交渉である。組合側が今のままでは業務に無理があるとして取扱量の抑制を要求し、会社側も協議に応じる姿勢を示した。

 2016年3月期におけるヤマトの宅配便取扱量は17億3126万個で、前年比で6.7%の増加となった。2017年3月期はさらに増えて18億個を超える見込み。全国的に宅配便の取扱量が増えていることに加え、佐川がアマゾンからの依頼を受け付けなくなったことから、ヤマトへの集中化が進んでいた。

 ヤマトが取扱量の抑制について検討を始めたことをきっかけに、ネット通販の配送サービスが大きな転機を迎える可能性が出てきた。ネット通販事業者にとっては、大きく分けて三つの選択肢がある。
 ひとつはヤマトの取扱量抑制を受けてサービスレベル低下を受け入れるというもの、もうひとつはヤマトが値上げを行って増員することで、取扱量は減らさずに対処するというもの。最後はネット通販事業者が独自の配送サービスを拡大させるというものである。

 アマゾンは自社の配送要員を使った短時間配送サービスであるプライムナウを拡充させている。ヨドバシカメラも、同様の短時間配送サービスであるヨドバシエクストリームを昨年から開始した。
 同じコストをかけるのであれば、自社のサービスを強化した方が顧客の囲い込みにつながる。ヤマトの取扱量削減をきっかけに、通販各社が自社要員を使ったサービス拡充に乗り出す可能性は十分にある。

 自社サービスの拡充に加え、AI(人工知能)の活用が促進されるかもしれない。不在時のパターンなど、ビックデータをうまく活用すれば配送の効率をさらに上げることができる。自動運転システムなどとの融合も具体性を帯びてくるはずだ。

 確かに短期的に見た場合、ネット通販の拡大は、物流システムや労働者に対する負荷増大要因となる。だが、ニーズがある限り、何らかの解決策を見つけ出せるのが市場メカニズムの興味深いところだ。イノベーションの進展を促す形で解決されるのであれば、経済全体にとって望ましい姿といってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …