ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐりネットで炎上騒ぎとなっている。一連の騒ぎは確実に劣化が進む日本社会をよく表している。

uenotizuko

 上野氏は中日新聞とのインタビューにおいて、衰退していく日本について「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」と発言したところ、これがネットに取り上げられ、炎上騒ぎとなった。
 上野氏は、人口減少を食い止めることは不可能であり、人口を増やすには移民を受け入れるしかないが、日本で移民政策を実施するのは不可能と主張。このまま貧しさを受け入れるしか選択肢はないと述べている。

 炎上したのは、主に「皆で貧しくなればよい」という部分で、ネットの反応を見ると、主に世代間論争的な話になっている。コメント欄には「自分は逃げ切り世代のくせに若者には貧乏を受け入れろというのか」といった趣旨の発言が並ぶ。
 上野氏は元来、社会民主的な制度の構築を主張しているので、この発言は一種の皮肉と思われる。だが、ネットで上野氏を批判している層の多くは、上野氏がどのような人物なのかを知らない可能性が高く、単なる高齢者による逃げ切り発言と理解されているようだ。

 さらに滑稽なのが、本来の支持層であるはずのリベラル系の人たちからも批判されていることだ。上野氏は、日本は「単一民族神話が信じられてきた」ような国であり、「多文化共生に耐えられない」と主張。移民受け入れは不可能と一刀両断にしている。
 これも当然のことながら、日本社会の前近代性に対する強烈な皮肉なわけだが、リベラル系の人たちは「移民や多文化共生を否定するのか」と上野氏を厳しく批判している。

 上野氏の本意がどこにあるのかは何とも言えないが、客観的に見て、日本社会が「皆で貧しくなる」道を選択していることは事実である。

 人口が減っていく社会において、従来と同レベルの経済を維持するためには主に3つの選択肢がある。ひとつは女性の労働参加率を上げるというもので、もう一つは移民の受け入れ、そして最後は、AIなど高度なITの導入である。当然のことながら、すべての選択肢において雇用の流動化が伴う。
 だが、いずれの選択肢についても、日本人は極めて消極的であり、状況を改善しようという動きは見られない。

 トランプ政権の誕生で、世界経済は今後しばらく、好景気を維持しそうだ。この間に、日本が自立した個人による消費型経済を確立できなければ、上野氏の主張を聞くまでもなく、日本は本当に貧しい国になってしまうだろう。
 移民受け入れは無理という、多少、投げやりな発言が、フェミニストの口から発せられているという現実そのものが、日本の置かれた状況を的確に表している。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …