ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐりネットで炎上騒ぎとなっている。一連の騒ぎは確実に劣化が進む日本社会をよく表している。

uenotizuko

 上野氏は中日新聞とのインタビューにおいて、衰退していく日本について「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」と発言したところ、これがネットに取り上げられ、炎上騒ぎとなった。
 上野氏は、人口減少を食い止めることは不可能であり、人口を増やすには移民を受け入れるしかないが、日本で移民政策を実施するのは不可能と主張。このまま貧しさを受け入れるしか選択肢はないと述べている。

 炎上したのは、主に「皆で貧しくなればよい」という部分で、ネットの反応を見ると、主に世代間論争的な話になっている。コメント欄には「自分は逃げ切り世代のくせに若者には貧乏を受け入れろというのか」といった趣旨の発言が並ぶ。
 上野氏は元来、社会民主的な制度の構築を主張しているので、この発言は一種の皮肉と思われる。だが、ネットで上野氏を批判している層の多くは、上野氏がどのような人物なのかを知らない可能性が高く、単なる高齢者による逃げ切り発言と理解されているようだ。

 さらに滑稽なのが、本来の支持層であるはずのリベラル系の人たちからも批判されていることだ。上野氏は、日本は「単一民族神話が信じられてきた」ような国であり、「多文化共生に耐えられない」と主張。移民受け入れは不可能と一刀両断にしている。
 これも当然のことながら、日本社会の前近代性に対する強烈な皮肉なわけだが、リベラル系の人たちは「移民や多文化共生を否定するのか」と上野氏を厳しく批判している。

 上野氏の本意がどこにあるのかは何とも言えないが、客観的に見て、日本社会が「皆で貧しくなる」道を選択していることは事実である。

 人口が減っていく社会において、従来と同レベルの経済を維持するためには主に3つの選択肢がある。ひとつは女性の労働参加率を上げるというもので、もう一つは移民の受け入れ、そして最後は、AIなど高度なITの導入である。当然のことながら、すべての選択肢において雇用の流動化が伴う。
 だが、いずれの選択肢についても、日本人は極めて消極的であり、状況を改善しようという動きは見られない。

 トランプ政権の誕生で、世界経済は今後しばらく、好景気を維持しそうだ。この間に、日本が自立した個人による消費型経済を確立できなければ、上野氏の主張を聞くまでもなく、日本は本当に貧しい国になってしまうだろう。
 移民受け入れは無理という、多少、投げやりな発言が、フェミニストの口から発せられているという現実そのものが、日本の置かれた状況を的確に表している。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

obamaimin
米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …