ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

圏央道の約9割が完成。ネット通販事業者のサービス高度化に寄与?

 

 首都圏の外側を取り囲む圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のほぼ全線が開通した。圏央道沿いにはこのところ、相次いで大型の物流センターが建設されている。ネット通販事業者などを中心に配送サービスの高度化が期待される。

kenoudou

 圏央道は、都心から半径40キロから60キロメートルの地域に建設が進められている高規格幹線道路。総延長は約300キロメートルで、神奈川県の藤沢市近辺から東京都の八王子市、埼玉県の久喜市などを通り、茨城県のつくば市などを経て、最終的には千葉県木更津市に至る。2月26日に茨城県内の境古河IC(インターチェンジ)-つくば中央IC間の28.5キロメートルが開通し、これで全体の約9割が完成した。

 このエリアは、現在、物流センターの建設ラッシュとなっている。物流施設大手であるグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は昨年12月、2022年をめどに神奈川県相模原市に日本最大の物流倉庫を開設すると発表している。
 約29万5000平方メートル(東京ドーム約6個分)という広大な敷地に、約1300億円を投じて6棟の巨大な物流施設を建設する。このほかにも各社が相次いで大型の物流センター建設に乗り出しているが、背景にあるのはネット通販事業者の業容拡大である。

 この道路が、ネット通販の基本インフラとして注目されているのは、各方面からのアクセスが良好だからである。
 東名、中央、関越、東北、常磐、東関東の6つの高速道路と接続しており、全国のあらゆる地域から商品を運び込むことができる。また、都心の渋滞に遭遇することなく、関東広域(神奈川、東京、埼玉、茨城、千葉)に配送が可能だ。
 つまり圏央道沿いに大型の物流センターを配置しておけば、全国からモノを集め、関東全域にスムーズに出荷することができる。

 アマゾンが開始した短時間配送サービスをきっかけに、このところ、ネット通販各社が高度な配送サービスを次々と打ち出している。圏央道沿いに大型の施設が整備されていけば、即日配達ができるエリアは確実に広がっていくだろう。

 圏央道が計画された当時は、ネット通販がこのように普及するとは誰も考えていなかった。日本の道路はコストが極めて高く、政治利権との絡みから、ムダに建設されたものも多い。だが圏央道については、当初の想定とは異なる、新しいニーズが生まれている。あくまで結果論だが、投資対効果という点では意味のあるインフラとなる可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

setsubitousi
8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まっ …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …