ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社への規制案を作成しているEU事務局と欧州議会の議員は27日、規制案の内容について合意した。近く正式に決定される運び。

 EU(欧州連合)では、格付け会社によるソブリン債の格下げが域内の財政危機を深刻化させたと主張するフランスやドイツの訴えを受け、格付け規制の強化が検討されていた。合意された内容は以下の通り。

 ・誤った格付けを行った場合、投資が格付け会社を訴えることができる権利を明確化する
 ・当事国が対策を準備できるよう、決まった期限内での格付けを義務化
 ・取引時間外の発表に限定

 だが市場関係者はこの規制案に懐疑的だ。そもそも格付けサービスが登場したのは、債券の発行体が信用できないことから、投資家が第三者の意見を求めたことがきかっけである。
 債券を発行する側(この場合は欧州各国)がきちんとした財政運営を行い、投資家に詳細な情報を開示していれば、本来、格付けなど必要ないのである。

 こういった規制がかけられれば、格付け会社側は訴訟リスクを恐れ、思い切った判断ができなくなる。どの会社も安全パイを狙い、絶対に安全と分かっている商品にしか格付けをしなくなる可能性が高い。投資家にとって本当に格付けして欲しい商品にはまったく情報がなく、発行した政府をただ信じるしかないという状況に陥ってしまう。

 世界の3大格付け会社のうち2社は米国の会社で、しかも市場で圧倒的なシェアを握っている。今回の規制は米国に対する欧州のヒステリーという意味合いが強い。だが政界的に見ても格付け会社に対する責任追及の声は大きく、この動きがさらに広がる可能性もある。
 だが格付け会社に対する規制が強化されたところで、リスクがなくなるわけはなく、市場の萎縮という弊害の方が顕著になることはほぼ間違いなさそうである。

 - 政治, 経済

  関連記事

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

chugoku70nen02
中国の抗日戦70年軍事パレード。韓国との蜜月関係が鮮明に

 北京の天安門広場で2015年9日3日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …