ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。回転寿司の市場規模はここ10年で1.5倍に拡大しており、同社の時価総額は1000億円を突破するともいわれる。だが同業のかっぱ寿司が赤字に転落するなど競争環境は厳しい。

susiro


 同社は2003年に東証二部に上場したが、2009年に上場を廃止している。同社の経営権をめぐって創業家に争いが生じ、ここに牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーが介入。投資ファンドもスシローの争奪戦に参加することになり、最終的にゼンショーはスシローから撤退した。同社はその後、ファンドの傘下で経営を続け、現在に至っている。

 今回、同社が再上場するということは、一連の資本関係の整理がついたことを意味している。上場に合わせて全国農業協同組合連合会(JA連合)が40億円の出資を決定するなど、今後の事業展開に向けた動きが活発化している。

 回転寿司市場は数少ない成長市場だが競争も激しい。同業のかっぱ寿司は2016年4~12月期の決算において6億6200万円の営業赤字に転落。2017年3月期の見通しについても9億3400万円の営業赤字を見込んでいる。

 かっぱ寿司は、低価格路線を追求するため、積極的に輸入食材を活用していたが、円安で食材価格が急騰。原価率の調整に手間取り、その間に業績が悪化してしまった。立て直しのため路線転換を行ったものの、これが裏目に出た形だ。同社の四方田豊社長は退任し、同じくコロワイド出身の大野健一氏が社長に就任する。

 スシローは上場で資金を確保し、積極的な投資を行ってシェアをさらに拡大したい意向だ。当面のライバルはゼンショーが展開する「はま寿司」だろう。スシローの買収に失敗したゼンショーはその後、方針を転換し、自社の回転寿司チェーンである「はま寿司」に注力している。売上高ではまだ差があるが、店舗数はほぼ互角の状況にある。

 全世界的に魚介類は値上がりする傾向が顕著となっており、トランプ経済による円安がこれに拍車をかける可能性がある。スシローをはじめとする回転寿司各社は、シェア争いに加え、コスト面でも厳しい戦いを強いられるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …