ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。回転寿司の市場規模はここ10年で1.5倍に拡大しており、同社の時価総額は1000億円を突破するともいわれる。だが同業のかっぱ寿司が赤字に転落するなど競争環境は厳しい。

susiro


 同社は2003年に東証二部に上場したが、2009年に上場を廃止している。同社の経営権をめぐって創業家に争いが生じ、ここに牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーが介入。投資ファンドもスシローの争奪戦に参加することになり、最終的にゼンショーはスシローから撤退した。同社はその後、ファンドの傘下で経営を続け、現在に至っている。

 今回、同社が再上場するということは、一連の資本関係の整理がついたことを意味している。上場に合わせて全国農業協同組合連合会(JA連合)が40億円の出資を決定するなど、今後の事業展開に向けた動きが活発化している。

 回転寿司市場は数少ない成長市場だが競争も激しい。同業のかっぱ寿司は2016年4~12月期の決算において6億6200万円の営業赤字に転落。2017年3月期の見通しについても9億3400万円の営業赤字を見込んでいる。

 かっぱ寿司は、低価格路線を追求するため、積極的に輸入食材を活用していたが、円安で食材価格が急騰。原価率の調整に手間取り、その間に業績が悪化してしまった。立て直しのため路線転換を行ったものの、これが裏目に出た形だ。同社の四方田豊社長は退任し、同じくコロワイド出身の大野健一氏が社長に就任する。

 スシローは上場で資金を確保し、積極的な投資を行ってシェアをさらに拡大したい意向だ。当面のライバルはゼンショーが展開する「はま寿司」だろう。スシローの買収に失敗したゼンショーはその後、方針を転換し、自社の回転寿司チェーンである「はま寿司」に注力している。売上高ではまだ差があるが、店舗数はほぼ互角の状況にある。

 全世界的に魚介類は値上がりする傾向が顕著となっており、トランプ経済による円安がこれに拍車をかける可能性がある。スシローをはじめとする回転寿司各社は、シェア争いに加え、コスト面でも厳しい戦いを強いられるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …