ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。回転寿司の市場規模はここ10年で1.5倍に拡大しており、同社の時価総額は1000億円を突破するともいわれる。だが同業のかっぱ寿司が赤字に転落するなど競争環境は厳しい。

susiro


 同社は2003年に東証二部に上場したが、2009年に上場を廃止している。同社の経営権をめぐって創業家に争いが生じ、ここに牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーが介入。投資ファンドもスシローの争奪戦に参加することになり、最終的にゼンショーはスシローから撤退した。同社はその後、ファンドの傘下で経営を続け、現在に至っている。

 今回、同社が再上場するということは、一連の資本関係の整理がついたことを意味している。上場に合わせて全国農業協同組合連合会(JA連合)が40億円の出資を決定するなど、今後の事業展開に向けた動きが活発化している。

 回転寿司市場は数少ない成長市場だが競争も激しい。同業のかっぱ寿司は2016年4~12月期の決算において6億6200万円の営業赤字に転落。2017年3月期の見通しについても9億3400万円の営業赤字を見込んでいる。

 かっぱ寿司は、低価格路線を追求するため、積極的に輸入食材を活用していたが、円安で食材価格が急騰。原価率の調整に手間取り、その間に業績が悪化してしまった。立て直しのため路線転換を行ったものの、これが裏目に出た形だ。同社の四方田豊社長は退任し、同じくコロワイド出身の大野健一氏が社長に就任する。

 スシローは上場で資金を確保し、積極的な投資を行ってシェアをさらに拡大したい意向だ。当面のライバルはゼンショーが展開する「はま寿司」だろう。スシローの買収に失敗したゼンショーはその後、方針を転換し、自社の回転寿司チェーンである「はま寿司」に注力している。売上高ではまだ差があるが、店舗数はほぼ互角の状況にある。

 全世界的に魚介類は値上がりする傾向が顕著となっており、トランプ経済による円安がこれに拍車をかける可能性がある。スシローをはじめとする回転寿司各社は、シェア争いに加え、コスト面でも厳しい戦いを強いられるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …