ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外食産業に対する影響について試算を行った。今回の受動喫煙対策については、小規模な飲食店などから反対の声が上がっているが、具体的な数字が出てきたことで、法案の行方にも何らかの影響を与えそうだ。

judokituen

 現在、政府は東京オリンピックの開催をきっかけに、公共の場を原則禁煙とし、必要に応じて喫煙室の設置を許可する法案を国会に提出しようとしている。
 国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めているが、日本の受動喫煙対策は、先進国の中では最低水準となっており、早急な改善が求められていた。

 これに対して小規模な飲食店などからは「原則禁煙にすると売上げが減少する」「分煙室を設置する費用を捻出できない」など、反対の声が上がっている。
 実際に法案が施行された場合、どの程度の経済的影響があるのかについては具体的な数字が出ておらず、イメージ先行となっていた。

  調査を行ったのは富士経済で、無作為に抽出した東京、愛知、大阪の「居酒屋」「バー」「スナック」「カフェ・喫茶店」「レストラン」など約7000店に対して調査票を送付し、このうち1020店から回答を得たという。

 調査票の結果を分析したところ、法案が外食市場全体に及ぼす影響は約8400億円となった。このうち「居酒屋」「バー・スナック」への影響は約6500億円と全体の8割近くを占める。
 居酒屋の顧客のうち53.8%が喫煙者となっており、店舗面積が50平方メートル以下の小規模店舗は全体の64%に達する。しかも月商200万円未満という店舗が54%もあり、資金力も乏しい。原則禁煙になった場合、居酒屋の約73%が客数が減少するとしている。

 このほか、カフェ・喫茶店への影響は約1170億円、レストランへの影響は約670億円だった。数字上からは圧倒的にバー・居酒屋への影響が大きいことが分かる。また店舗面積が小さいことから分煙が難しく、費用の捻出も困難である可能性が高い。

 影響を受ける店舗に対して何らかの補償をするという考え方もあるが、社会全体の問題であるにもかかわらず、特定の事業者だけを補償の対象にすることについては、異論も出てくるだろう。
 今国会で法案を成立できなければ、オリンピックには間に合わないとも言われており、時間的猶予はほとんどない。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

makein
世界のあちこちに顔を出す米国政治のキーマン、マケイン上院議員に要注目

 米共和党の重鎮で、大統領選にも出馬した経験のあるマケイン上院議員の活躍が目立っ …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

no image
チェルノブイリの80倍!福島の甲状腺異常が急増するも、検討委員会は危険はないと主張

 原発被害を受けた福島県内の子供に甲状腺異常が拡大していることが指摘されてきたが …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …