ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長からは、かなり前向きな発言が飛び出しており、10日の雇用統計がまずまずの数字であれば、利上げが実施される可能性は高い。

ieren02

 現在、米国の長期金利は2.5%前後で推移している。これはトランプ大統領が当選してから同じトレンドが続いている。金利が連続して高騰しなかったのは、トランプ政権の経済政策について、どの程度、実現性があるのか市場が多少、疑心暗鬼になっていたからである。

 だが2月28日に行われたトランプ大統領の議会演説によって、多少の遅れはあるものの、総額1兆ドルのインフラ投資や大型減税が実施される確度はかなり高まってきた。
 マクロ経済のメカニズム上、国債を財源とした大型の財政出動や大規模減税は金利の上昇要因となる。これらの政策が実施された場合、現在の水準より金利が高くなることはほぼ確実である。

 これまでFRBは、利上げを急ぎ過ぎて景気の腰を折ることを心配していたが、むしろ、景気が過熱し、インフレが進み過ぎることを警戒する必要が出てきた。イエレン議長はこれまで利上げについて慎重な姿勢を崩していなかったが、3月3日の講演では「次回会合で(利上げについて)判断する」とかなり踏み込んだ発言を行っている。

 市場の織り込みを意図したものである可能性が高く、3月利上げの確率はかなり高まったと見る市場関係者は多い。もし3月に利上げが実施された場合でも、トランプ経済に対する期待が強い今の市場環境では、株価は大きく下がらない可能性が高い。

 そうなってくると、2017年は年3回程度の利上げが行われてもおかしくないということになる。これが緩やかな金利上昇とドル高をもたらすことになれば、市場にとっては好材料だろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …