ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長からは、かなり前向きな発言が飛び出しており、10日の雇用統計がまずまずの数字であれば、利上げが実施される可能性は高い。

ieren02

 現在、米国の長期金利は2.5%前後で推移している。これはトランプ大統領が当選してから同じトレンドが続いている。金利が連続して高騰しなかったのは、トランプ政権の経済政策について、どの程度、実現性があるのか市場が多少、疑心暗鬼になっていたからである。

 だが2月28日に行われたトランプ大統領の議会演説によって、多少の遅れはあるものの、総額1兆ドルのインフラ投資や大型減税が実施される確度はかなり高まってきた。
 マクロ経済のメカニズム上、国債を財源とした大型の財政出動や大規模減税は金利の上昇要因となる。これらの政策が実施された場合、現在の水準より金利が高くなることはほぼ確実である。

 これまでFRBは、利上げを急ぎ過ぎて景気の腰を折ることを心配していたが、むしろ、景気が過熱し、インフレが進み過ぎることを警戒する必要が出てきた。イエレン議長はこれまで利上げについて慎重な姿勢を崩していなかったが、3月3日の講演では「次回会合で(利上げについて)判断する」とかなり踏み込んだ発言を行っている。

 市場の織り込みを意図したものである可能性が高く、3月利上げの確率はかなり高まったと見る市場関係者は多い。もし3月に利上げが実施された場合でも、トランプ経済に対する期待が強い今の市場環境では、株価は大きく下がらない可能性が高い。

 そうなってくると、2017年は年3回程度の利上げが行われてもおかしくないということになる。これが緩やかな金利上昇とドル高をもたらすことになれば、市場にとっては好材料だろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

putin03
ロシアが旧ソ連崩壊以後、最大規模の軍事演習。日本と中国がその背景に

 ロシア軍は、シベリアおよび極東地域において延べ16万人が参加する大規模な軍事演 …

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …