ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長からは、かなり前向きな発言が飛び出しており、10日の雇用統計がまずまずの数字であれば、利上げが実施される可能性は高い。

ieren02

 現在、米国の長期金利は2.5%前後で推移している。これはトランプ大統領が当選してから同じトレンドが続いている。金利が連続して高騰しなかったのは、トランプ政権の経済政策について、どの程度、実現性があるのか市場が多少、疑心暗鬼になっていたからである。

 だが2月28日に行われたトランプ大統領の議会演説によって、多少の遅れはあるものの、総額1兆ドルのインフラ投資や大型減税が実施される確度はかなり高まってきた。
 マクロ経済のメカニズム上、国債を財源とした大型の財政出動や大規模減税は金利の上昇要因となる。これらの政策が実施された場合、現在の水準より金利が高くなることはほぼ確実である。

 これまでFRBは、利上げを急ぎ過ぎて景気の腰を折ることを心配していたが、むしろ、景気が過熱し、インフレが進み過ぎることを警戒する必要が出てきた。イエレン議長はこれまで利上げについて慎重な姿勢を崩していなかったが、3月3日の講演では「次回会合で(利上げについて)判断する」とかなり踏み込んだ発言を行っている。

 市場の織り込みを意図したものである可能性が高く、3月利上げの確率はかなり高まったと見る市場関係者は多い。もし3月に利上げが実施された場合でも、トランプ経済に対する期待が強い今の市場環境では、株価は大きく下がらない可能性が高い。

 そうなってくると、2017年は年3回程度の利上げが行われてもおかしくないということになる。これが緩やかな金利上昇とドル高をもたらすことになれば、市場にとっては好材料だろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

zenjindai201401
中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …