ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首相と首脳会談を行う。サウジ国王の来日は実に46年ぶりで、日本以外にも中国やインドネシアなど各国を歴訪する予定だ。同国がここまで外国訪問に力を入れているのは、脱石油の実現に関して強い危機感を抱いているからだ。

saujisaruman

  サウジアラビアはかつて世界最大の石油産出国だったが、米国でシェールガスの開発が進んだことから、原油産出量世界1位の座を米国に明け渡している。また、以前は1バレル=100ドルを超えてた原油価格が急落したことで、歳入の多くを石油の販売収入に頼る同国の財政が危機的状況となっている。

 昨年、同国はサウジ版の成長戦略ともいうべき「ビジョン2030」を発表し、石油依存経済からの脱却を打ち出した。目玉となっているのは国営石油会社であるサウジアラムコの改革であり、同社は株式の上場を予定している。また、ソフトバンクと共同で設立した10兆円ファンドも、こうした改革の一環といってよいだろう。

 国家運営が石油に依存し過ぎていることは、以前から問題視されており、これまで何度も脱石油を目指したプロジェクトが実施されてきたが、うまくいかなかった。
 サウジアラビアはサウド王家が支配する絶対君主制で、西欧民主国家でいうところの基本的人権というものは存在しない。その代わり、国民に税金は課されず、石油収入を活用した豊かな生活が保障されていたが、こうしたカルチャーを変えることは容易ではない。

 だが石油価格の大幅な下落による国家財政の窮乏化がこの国を大きく変えつつある。同国はとうとう、付加価値税(日本の消費税に相当)の導入を打ち出すとともに、これまでタダ同然で購入できたガソリンに対する補助の削減にも乗り出している。
 基本的人権が認められない中で、国民負担が増すことになると、王制に対する不満が高まる可能性がある。異例とも言える各国歴訪を実施した背景には、ビジョン2030を実現しなければ、体制の維持が難しくなるとの危機感がある。

 サウジアラビアは日本政府に対して、工場誘致など製造業分野での相互強力を望んでいるといわれる。また中長期的には省エネ技術や再生可能エネルギー分野での技術提携なども考えられる。豊富な石油販売収入を背景に、強気一辺倒だった同国が積極姿勢を見せていることは、日本にとって大きなチャンスといえる。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

hatoyamagoten
鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退するこ …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …