ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首相と首脳会談を行う。サウジ国王の来日は実に46年ぶりで、日本以外にも中国やインドネシアなど各国を歴訪する予定だ。同国がここまで外国訪問に力を入れているのは、脱石油の実現に関して強い危機感を抱いているからだ。

saujisaruman

  サウジアラビアはかつて世界最大の石油産出国だったが、米国でシェールガスの開発が進んだことから、原油産出量世界1位の座を米国に明け渡している。また、以前は1バレル=100ドルを超えてた原油価格が急落したことで、歳入の多くを石油の販売収入に頼る同国の財政が危機的状況となっている。

 昨年、同国はサウジ版の成長戦略ともいうべき「ビジョン2030」を発表し、石油依存経済からの脱却を打ち出した。目玉となっているのは国営石油会社であるサウジアラムコの改革であり、同社は株式の上場を予定している。また、ソフトバンクと共同で設立した10兆円ファンドも、こうした改革の一環といってよいだろう。

 国家運営が石油に依存し過ぎていることは、以前から問題視されており、これまで何度も脱石油を目指したプロジェクトが実施されてきたが、うまくいかなかった。
 サウジアラビアはサウド王家が支配する絶対君主制で、西欧民主国家でいうところの基本的人権というものは存在しない。その代わり、国民に税金は課されず、石油収入を活用した豊かな生活が保障されていたが、こうしたカルチャーを変えることは容易ではない。

 だが石油価格の大幅な下落による国家財政の窮乏化がこの国を大きく変えつつある。同国はとうとう、付加価値税(日本の消費税に相当)の導入を打ち出すとともに、これまでタダ同然で購入できたガソリンに対する補助の削減にも乗り出している。
 基本的人権が認められない中で、国民負担が増すことになると、王制に対する不満が高まる可能性がある。異例とも言える各国歴訪を実施した背景には、ビジョン2030を実現しなければ、体制の維持が難しくなるとの危機感がある。

 サウジアラビアは日本政府に対して、工場誘致など製造業分野での相互強力を望んでいるといわれる。また中長期的には省エネ技術や再生可能エネルギー分野での技術提携なども考えられる。豊富な石油販売収入を背景に、強気一辺倒だった同国が積極姿勢を見せていることは、日本にとって大きなチャンスといえる。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

mistral
ロシアと欧米の対立で軍艦をロシアに輸出していたフランスの立場が微妙に

 ウクライナ問題によって欧米とロシアの対立が続く中、ロシアに最新鋭の軍艦を提供し …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …