ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをかけている。

 国務院総理(首相)に内定している李克強副総理は27日、北京の中南海において、米国の投資銀行やヘッジファンド幹部らと会談した。李氏を訪問したのは、投資銀行モルガンスタンレー、大手ヘッジファンド、ロビー活動会社、大手メーカーの幹部など。


 この席で李氏は「世界経済の回復が難しくなっているが、中米貿易は逆に伸び、双方向の投資も持続的に進んでいる」とし「米中がの相互信頼を高めることは世界経済に対して大きなプラスとなる」と述べた。これに対して米側も「米国の企業家は中国との交流を引き続き強化し、米中の経済協力深化に力を尽くす」と表明した。

 会談の詳細な内容は明らかなっていないが、米国企業の中国進出、中国の事業会社に対する資金調達や中国の株式市場の開放などについて議論されたものと推定される。特にロビー会社幹部や大手ヘッジファンド幹部が出席していることから、中国市場の大規模な対外開放などが視野に入っているのではないかとの声も聞こえる。

 一方、米海軍のレイ・マバス海軍長官は28日中国を訪問し、中国の梁光烈国防部長(国防相)と会談した。両者は、東シナ海における軍事的安全や、米国による新たなアジア太平洋軍事配備などの問題について話し合ったとみられる。
 会談に先立ち、米側は自らが主催するアジア太平洋地区の合同軍事演習リムパックに、中国を招待する意向を明らかにしている。中国側からの正式な回答はまだないが、場合によっては中国と米国の大規模な合同軍事演習が実現する可能性も出てきた。そうなるともはや中国と米国は仮想敵国ではなくなってしまう。

 一連の会談は、米国と中国の間において、次期政権への移行を見据え、水面下で相当のやり取りが進んでいることをうかがわせる。

 - 政治

  関連記事

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …