ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農業部門の雇用者数は前月比23万5000人増となり、市場予想を大きく上回った。
 FRB(連邦準備制度理事会)は利上げに対して前向きになっており、今回の雇用統計が良好だった場合、かなりの確率で利上げが実施されると多くの関係者が予想していた。23万5000人と市場予想を大幅に上回る数字だったことで、市場はさらに今月の利上げを織り込んだ。仮に利上げが実施されない場合でも、米国経済は加熱を警戒するフェーズに入ったとみよていだろう。

usakoyoutoukei201702

  イエレン議長は、これまで利上げについて慎重な姿勢だったが、トランプ経済に対する期待から金利が上昇したことを受けて、そのスタンスを変えつつあった。3月3日の講演では「次回会合で(利上げについて)判断する」とかなり踏み込んだ発言を行っている。米国では雇用者の増加が20万人を超えると好景気と見なされるが、2カ月連続で20万人を上回っており、労働市場が堅調に推移していることをうかがわせた。

 もっとも米国は先進国としては珍しく継続的に人口が増加している国であり、月平均20万人ずつ人口が増えている。就労者数が月あたり20万人増加するというのは、巡航速度であり、特別に景気が過熱しているわけではないとの見方もできる。
 ただ平均自給が前年同月比で2.8%増加したことや、失業率が4.7%とさらに改善していることなどを総合すると、労働市場は逼迫していると見た方が自然だろう。

 トランプ政権は、総額1兆ドルのインフラ投資と大規模な減税の実施を計画しており、もし、一連のプランが実行に移されれば、景気がさらに拡大する可能性が高い。しかも、国債の増発が避けられないことから、金利の上昇に弾みが付くことも考えられる。

  3月のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げが決まれば、年4回という利上げペースも視野に入ってくる。場合によっては、FRBのバランスシート縮小の議論も具体化してくるだろう。ただ、ここまで来ると、利上げと資産縮小のダブルパンチとなり、景気の腰を折る可能性も否定できない。

 最終的にはトランプ政権の経済政策が、どのタイミングで、どれだけの規模で実施されるのかにかかってくる。結局のところトランプ氏次第であり、これがトランプ時代における金融政策の宿命ともいえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …