ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~12月期の決算発表を再延期した。米原発子会社のウェスチングハウス(WH)に関して追加の調査が必要となったことが延期の理由。
 東芝が決算を延期するのは、もはや日常的光景となっており、市場の関心は薄い。同社は同じタイミングでWHを連結対象から切り離し、財務基盤の回復を図る方針を明らかにしたが、問題山積となっており、スムーズに切り離しができるのかは不透明な状況だ。

toshibaenki

 東芝は、WH関連で7000億円を超える巨額損失を抱えている。この状況でWHの買い手が見つかる可能性は低く、事業から撤退するためには、米連邦破産法11条(いわゆるチャプターイレブン)の申請も視野に入る。
 チャプターイレブンとは、日本の民事再生法に相当するもので、経営に行き詰まった会社に対して、新しいスポンサー主導で経営を再建するための手法である。

 確かにチャプターイレブンが申請されれば、WHの負債が確定するので、東芝が抱える最大損失額の上限が決まる。一部報道では、実際に申請された場合、3000億円程度の追加損失で済むという報道もある。新しいスポンサーについては韓国電力公社の名前があがっているが、具体的な話はまだ出ていない。

 東芝問題を穏便に済ませたい政府も申請を後押ししているようだ。麻生財務大臣は10日の記者会見で申請について前向きな姿勢を示す発言を行っている。
 ただ、東芝や政府の思惑通りスムーズに処理が進むとは限らない。東芝は米国の原発建設に関連して約8000億円の債務保証を行っており、もしWHから撤退することになった場合、発注元に対して違約金を支払う必要がある。

 しかも、WHの事業に対しては米国政府も83億ドル(約9500億円)の債務保証を行っており、11条が申請された場合には、今度は米国政府に負担が発生する可能性も指摘されている。一部メディアの報道によると、米国政府はこのスキームに難色を示しているという。

 いずれにせよ、WHの損失処理の手法を確定させ、4~12月期の決算を発表しないことには何も始まらない。とりあえず市場は決算確定を待つ状況が続く。

 - 経済 , ,

  関連記事

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …