ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未満」にすることで労使の合意が成立した。政府の規制であるにもかかわらず安倍政権は具体的な基準策定を労使交渉に丸投げしており、最後は首相裁定で100時間未満にするという玉虫色の決着となった。

100jikan

 政府は働き方改革の一環として残業時間の上限規制を検討してきた。日本では労働基準法などで法定労働時間が決められており(1日8時間、週40時間)、原則としてこの基準を超える仕事をさせることはできない。

 だがこの法律には抜け穴があり、労働者と企業が協定を結んだ場合に限り、法定労働時間を超えて仕事をさせることが可能となっている。これがいわゆる36協定(サブロク協定)である。この協定が存在していることで企業は事実上、無制限に社員に残業を強いることが可能となっていた。

 もっとも正社員に限っては、労働者の側にも恩恵があった。日本企業の多くは正社員の終身雇用を大前提としており、仕事が多い繁忙期に合わせて社員を採用してしまうと、人が余って経営が維持できなくなる。このため、多くの企業が常に少なめに正社員を採用し、繁忙期には残業で乗り切る方式を導入せざるを得なかった。つまり日本の長時間残業は、正社員の終身雇用を保障することとの引き換えであった。

 だが、こうした雇用慣行も徐々に機能不全を起こしつつあり、長時間労働が社会問題化してきた。電通の過労自殺事件などをきっかけに、政府は本格的な検討を開始したが、いざ法律を改正するとなると基準値を何時間にするのかで調整は難航。結局、安倍政権は労使交渉に丸投げしてしまった。

 経営側は繁忙期については100時間の残業を認めるよう求めてきたが、過労死の認定ラインが1カ月100時間程度に設定されていることから、労働側は到底受け入れられないと主張。最終的には「100時間」なのか「100時間未満」なのかで交渉が続き、首相が労働側の顔を立て、100時間未満で裁定するという茶番劇で交渉は終了した。

 現実問題として、100時間でも100時間未満でも、長時間残業を社員に要請できるという点では何も変わっておらず、過労死のガイドラインである100時間との整合性はまったく取れていない。

 日本企業で長時間残業がなくならい最大の要因は企業が生み出す付加価値が低く、それによって生産性が上昇しないことである。労働集約的な仕組みのまま労働時間だけを減らしても、今度は生産が減少するという副作用も発生しかねない。
 長時間残業は、本来、経営そのものの問題だが、この状況では、時間制限の話だけにとどまりそうである。こうした曖昧な決着方法では、長時間労働の慣行はそう簡単にはなくならないだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

orando02
アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

b3837
中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、 …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

beinakicho02
ベイナー米下院議長が突如辞任。共和党の分断が加速し、大統領選挙にも影響か

 米共和党が混迷の度合いを深めている。予算案の取り扱いをめぐってベイナー下院議長 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …