ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売が規制されたことが主な要因。ビールの出荷量は前年割れと不振が続いている中、正式に規制が適用となる6月に向けてさらに価格は上がりそうだ。

beerneage

 政府は2016年5月、「酒税法」と「酒類業組合法」を改正した。酒類販売の業界にはメーカーが小売店に対して多額の販売奨励金を支払う慣行があり(業界ではこれをリベートと呼んでいる)、これが安値販売の原資となっていた。

 改正法では安値で販売することが事実上禁止になったことに加え、リベートの扱いについても基準が厳格化された。これらの規制が適用になるのは今年の6月からだが、メーカー側は、適用後に向けてリベートの条件を厳しくしている。このため小売店は大胆な安値販売ができず、店頭価格が徐々に上昇している。
 ビールは客寄せの目玉商品として最適であり、ビールの値引きキャンペーンを行うことで、他商品の購入につなげる量販店も少なくなかった。大幅な値引きができなくなると、店舗全体の売上げに影響する可能性もある。

 今回の法改正は小規模な酒屋などで構成される業界団体が強く実現を求めてきたものだが、安値を規制すれば客足が戻るのかというと、それほど単純な状況ではない。ビール大手5社の売上高は前年を下回っているが、この傾向はかなり以前から続いている。

 労働者の実質賃金はマイナスが続いており、基本的に消費者の購買力は弱くなる一方である。新ジャンルの開拓などで価格を抑制することで、何とか販売を維持してきたが、市場が伸びないのは構造的な要因が大きい。安値販売を規制してしまうと、売上げ減少が加速するリスクもある。

 もっとも今回の規制はコンビニにとっては追い風との見方もある。コンビニは量販店のような安値販売をしておらず、酒類については量販店に水をあけられていた。コンビニにはもともと集客力があることを考えると、価格差が縮小することのメリットは大きい。

 いずれにせよ、安値販売の規制は消費者にとっては不利なことばかりである。ビールを飲むことはもはや贅沢な行為となりつつあるが、今年はその傾向がさらに顕著となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …