ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が行われ、とうとう1等当選くじが出た。

 1等の賞金は約5億8000万ドル(約470億円)で、アリゾナ州とミズーリ州で販売されていたことが判明している。1等が2つ出ているので、賞金は半額ずつに分けられることになる。
 当選者名はまだ公表されておらず、アリゾナとミズーリではその話題で持ち切りだ。特にアリゾナでくじが販売されたことが確認されているエリアは人口500人に満たない小さな町。ガソリンスタンドが1ヶ所しかないようなところだ。町はお祭り騒ぎになっている。

 米国の宝くじは、賞金の高さが目を引くが、購入者への還元率も高い。米国では購入金額の60%が賞金として購入者に還元されている。一方、日本の宝くじは、購入者に賞金として還元されるのはわずか45%程度。残りの40%は都道府県などの収益に充てられる。問題は15%もの経費である。
 日本では宝くじは1兆円以上の売上げがあるが、1500億円も販売経費がかかるわけがない。多くが各種財団法人などいわゆる天下りの受け皿となる法人に還流している。実際の運営はみずほフィナンシャルグループの関連会社が請け負っており、ここは同グループから大量の天下り社員を受けれている。

 宝くじに対する社会的な受け止め方も大きく異なっている。米国では当選者が堂々と名乗り出て、メディアで感想を述べることは珍しくない。気前よく寄付する人も多い。一方、日本では当選者を公開しない仕組みになっているにも関わらず、どこからか当選者名が漏れ、陰湿な嫌がらせが殺到する。寄付行為も妬みの対象となるので多くが匿名だ。

 金銭に関する妬みは、金銭に対する激しい欲望の裏返しでもある。日本では宝くじも含めて何から何まで利権の巣窟となっているわけだが、妬みを背景にした社会風土は不透明な利権の温床となる。
 良識ある一部の国民は不透明な構図に苛立っているが、こうした構図はいつまで経ってもなくならない。不透明でアンフェアな仕組みを改善することよりも、自分もその利権にあやかろうする人の方が多ければ、事態が改善される可能性は極めて低くなってしまうのだ。

 外国の宝くじを国内で買うことはできないが、渡航すれば問題なく購入でき、賞金を受け取ることができる。閉塞感を打破したい人はチャレンジしてみてはいかがだろうか?

 - 社会

  関連記事

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …