ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が7割近くの票を押さえて初当選した。行政長官選挙をめぐっては普通選挙を求める民主派と親中国派との間で激しい対立があり、香港内部は分裂している。

hongkongramu

 香港の行政長官選挙は間接選挙制となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を選挙委員会の投票で選出する仕組みになっている。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官になれない状況が続いてきた。

 今回の選挙に向けて香港内部では民主的な選挙を求める声が高まり、中国政府は選挙制度改革を進める方針を明らかにしていた。
 だが、中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は2014年8月、選挙制度の改革案を全会一致で決定したが、その内容が実質的に民主派の立候補を制限するものであったことから学生や民主派が猛反発。結果的に大規模なデモに発展した(雨傘運動)。結局、制度改革は行われず従来と同じ形で今回の選挙が実施された。

 林鄭氏は雨傘運動の際、政権ナンバー2としてデモと対峙。市民側の要求をすべて拒絶したことで、中国政府から高く評価された。間接選挙を行う選挙委員会のメンバーは中国本土と関係が深い実業家で占められているが、林鄭氏は、親中国派の政財界人の支持を固め、他の候補を大きく引き離した。次点となったのは前財政官の曽俊華氏だが、世論調査で曽氏の支持率は林鄭氏を上回っていたとされる。

 ただ曽氏は林鄭氏と同様、前政権の幹部であり完全な民主派というわけではない。一時期は中国の習近平国家主席と近い関係にあると批判されたこともある。ただ、中国側は曽氏を強く警戒していると言われており、中国が認める長官候補は林鄭氏であるというメッセージを送り続けてきた。その意味では、中国に対する反発が曽氏の支持率を高めていただけであり、出来レースという点では同じといえる。

 行政長官の任期は5年で、当面は中国からの強い支持を得た林鄭氏が香港の実権を握ることになる。だが普通選挙を求める民主派の反発は根強く、政権運営は容易ではないだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

pakukune
韓国初の女性大統領、朴槿恵(パク・クネ)氏とはどんな人物か?

 韓国の大統領選挙は19日投開票が行われ、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

clintonkishida02
クリントン長官の尖閣発言に中国が猛反発。長官の退任を前にしたパフォーマンスか?

 尖閣諸島をめぐるクリントン米国務長官の発言に中国側が猛反発している。 中国外交 …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …