ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍車がかかっている。世界的には電子マネーの普及で非現金化の流れだが、日本は完全にガラパゴス状態となっている。

tansuyokin

  2016年末の現金通貨の残高は94兆8100億円で、この金額はGDP(国内総生産)の約17%、マネーストックの約7.4%を占めている。GDPに対する現金の比率は米国では8%程度、ユーロ圏では10%程度なので日本の現金比率は先進国としては突出して高い。
 日本ではクレジットカードなど現金以外の決済手段があまり普及してないので、日常的な現金決済比率が高いという特徴がある。だがこれに加えて現金のニーズとして増加しているのがタンス預金である。

 マネーストックに対する現金の比率はマイナス金利が囁かれ出した2015年頃から増加しており、2016年末も前年を超えた。現金通貨の増加分の何割かはタンス預金に回っている可能性が高い。これは2016年1月にマイナス金利が導入されて以降、家庭用の金庫の売れ行きが拡大したことからも裏付けられる。

  マイナス金利政策は、理屈上はマネーを預金として眠らせず、設備投資などに回るようにする政策なので、インフレ期待を高めるためのものである。インフレ時に現金を保有することは危険なので、本来ならタンス預金は経済合理性に反する行為ということになる。
 それでもタンス預金が急増しているのは、日本の金融政策や経済政策について不安視する層が増えていることを示している。

  このことは、日本において量的緩和策があまり効果を発揮しないことと表裏一体と考えてよい。中央銀行がいくらインフレ期待の醸成を試みても、国民が経済の先行きについて強く不安視する状況では、モノの購入や投資にお金を回さない。神経質な人は、不安心理が大きくなり現金保有に走るものと思われる。

 特に大きいのは社会保障に対する信頼感だろう。年金や医療などの社会保障制度は、大きな資産を持たない層にとっては最後の砦となる資産だ。この部分で安心感が持てない場合、マインドはどうしても後ろ向きになってしまう。

 量的緩和策は汎用的な理論であり、どのような経済環境においても一定の効果が期待できるものとされている。だが現実の政策として有効に機能させるためには、それだけでは不十分な場合がある。

 日本の場合、社会保障システムの改革を同時に進めないと、消費者のマインドが改善せず、量的緩和策の効果が半減してしまう可能性が否定できない。タンス預金の増加は日本市場がガラパゴス化しているということよりも、不安心理が台頭しているサインと解釈すべきだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

francisco1
バチカン銀行の改革でマフィアとトラブル?フランシスコ法王の改革は進むのか?

 フランシスコ新法王の下、バチカンでは金融システム改革が進められている。フランシ …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …