ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」号に再びトラブルが発生し、打ち上げが中止となった。打ち上げ17分前に電気系統に異常が発生、原因が究明できず打ち上げは中止となった。

  羅老号は韓国初の人工衛星搭載ロケット。これまで1号ロケット、2号ロケットの開発が進められてきたが、すべて失敗している。今回のプロジェクトは3機目となる。韓国主要なロケット技術のほとんどをロシアに頼っているが、ロシア側は技術の流出を極度に警戒している。このため韓国人技術者はロケットに近づくことが禁止されており、韓国側は事態の把握が難しいといわれている。

 前回のトラブルはロシア側が制作した1段ロケットで発生した。ロシア側から新しい部品を取り寄せ、今回の打ち上げに備えていた。今回のトラブルは韓国が開発した2段ロケット部分で発生したとみられる。

 一流国の仲間入りを目指したい韓国にとって、衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。 だがロケットの自力開発は困難を極め計画は頓挫。諸外国から技術援助 を受けるやり方に転換したものの、米国や日本は技術供与を断り、フランスは法外な価格を提示したといわれている。最終的にロシアから技術を購入して作られ たのがこの羅老号だが、実質的には技術の購入ではなく、製品の購入に近い形での妥協を強いられている。

 韓国独自のロケット技術は「日本の1970年前後の水準」(航空技術者)といわれ、宇宙開発の先進国とは比較にならないくらいお粗末なレベル。本当に技術を獲得したければ、米国や日本がやってきたように、長い時間とコストをかけ、着実に課題を解決していくしかない。
 韓国当局はロシアからの購入という安易な方法でプロジェクトを進めてきたわけだが、ロシア側は韓国に技術全体を供与するつもりはない。仮に打ち上げが成功したとしても、韓国はロシアに依存しなければロケットを打ち上げることができない状態が続いてしまうのだ。

 韓国が無理を重ねてロシアに依存するプロジェクトを進めてきたのは、メンツを保ちたいというその一心から。だがこういった国益にならないプロジェクトを実施することに対して、さすがの韓国でも異論の声が上がりはじめている。
 ロシアとの契約は来年12月に切れてしまう。韓国当局はいよいよ羅老号のプロジェクトについて重大な決断を迫られる可能性が出てきた。

 - 政治, 社会

  関連記事

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

obama201408
オバマ大統領が夏季休暇直前に、嫌々イラク空爆を決断

 オバマ政権はイラク北部のイスラム過激派に対する限定的な空爆に踏み切った。オバマ …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

suga04
野党分断に八面六臂の活躍。安倍政権最大のキーマン菅官房長官

 安倍政権のキーマン中のキーマンといわれる菅官房長官の動きに注目が集まっている。 …