ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」号に再びトラブルが発生し、打ち上げが中止となった。打ち上げ17分前に電気系統に異常が発生、原因が究明できず打ち上げは中止となった。

  羅老号は韓国初の人工衛星搭載ロケット。これまで1号ロケット、2号ロケットの開発が進められてきたが、すべて失敗している。今回のプロジェクトは3機目となる。韓国主要なロケット技術のほとんどをロシアに頼っているが、ロシア側は技術の流出を極度に警戒している。このため韓国人技術者はロケットに近づくことが禁止されており、韓国側は事態の把握が難しいといわれている。

 前回のトラブルはロシア側が制作した1段ロケットで発生した。ロシア側から新しい部品を取り寄せ、今回の打ち上げに備えていた。今回のトラブルは韓国が開発した2段ロケット部分で発生したとみられる。

 一流国の仲間入りを目指したい韓国にとって、衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。 だがロケットの自力開発は困難を極め計画は頓挫。諸外国から技術援助 を受けるやり方に転換したものの、米国や日本は技術供与を断り、フランスは法外な価格を提示したといわれている。最終的にロシアから技術を購入して作られ たのがこの羅老号だが、実質的には技術の購入ではなく、製品の購入に近い形での妥協を強いられている。

 韓国独自のロケット技術は「日本の1970年前後の水準」(航空技術者)といわれ、宇宙開発の先進国とは比較にならないくらいお粗末なレベル。本当に技術を獲得したければ、米国や日本がやってきたように、長い時間とコストをかけ、着実に課題を解決していくしかない。
 韓国当局はロシアからの購入という安易な方法でプロジェクトを進めてきたわけだが、ロシア側は韓国に技術全体を供与するつもりはない。仮に打ち上げが成功したとしても、韓国はロシアに依存しなければロケットを打ち上げることができない状態が続いてしまうのだ。

 韓国が無理を重ねてロシアに依存するプロジェクトを進めてきたのは、メンツを保ちたいというその一心から。だがこういった国益にならないプロジェクトを実施することに対して、さすがの韓国でも異論の声が上がりはじめている。
 ロシアとの契約は来年12月に切れてしまう。韓国当局はいよいよ羅老号のプロジェクトについて重大な決断を迫られる可能性が出てきた。

 - 政治, 社会

  関連記事

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …