ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」号に再びトラブルが発生し、打ち上げが中止となった。打ち上げ17分前に電気系統に異常が発生、原因が究明できず打ち上げは中止となった。

  羅老号は韓国初の人工衛星搭載ロケット。これまで1号ロケット、2号ロケットの開発が進められてきたが、すべて失敗している。今回のプロジェクトは3機目となる。韓国主要なロケット技術のほとんどをロシアに頼っているが、ロシア側は技術の流出を極度に警戒している。このため韓国人技術者はロケットに近づくことが禁止されており、韓国側は事態の把握が難しいといわれている。

 前回のトラブルはロシア側が制作した1段ロケットで発生した。ロシア側から新しい部品を取り寄せ、今回の打ち上げに備えていた。今回のトラブルは韓国が開発した2段ロケット部分で発生したとみられる。

 一流国の仲間入りを目指したい韓国にとって、衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。 だがロケットの自力開発は困難を極め計画は頓挫。諸外国から技術援助 を受けるやり方に転換したものの、米国や日本は技術供与を断り、フランスは法外な価格を提示したといわれている。最終的にロシアから技術を購入して作られ たのがこの羅老号だが、実質的には技術の購入ではなく、製品の購入に近い形での妥協を強いられている。

 韓国独自のロケット技術は「日本の1970年前後の水準」(航空技術者)といわれ、宇宙開発の先進国とは比較にならないくらいお粗末なレベル。本当に技術を獲得したければ、米国や日本がやってきたように、長い時間とコストをかけ、着実に課題を解決していくしかない。
 韓国当局はロシアからの購入という安易な方法でプロジェクトを進めてきたわけだが、ロシア側は韓国に技術全体を供与するつもりはない。仮に打ち上げが成功したとしても、韓国はロシアに依存しなければロケットを打ち上げることができない状態が続いてしまうのだ。

 韓国が無理を重ねてロシアに依存するプロジェクトを進めてきたのは、メンツを保ちたいというその一心から。だがこういった国益にならないプロジェクトを実施することに対して、さすがの韓国でも異論の声が上がりはじめている。
 ロシアとの契約は来年12月に切れてしまう。韓国当局はいよいよ羅老号のプロジェクトについて重大な決断を迫られる可能性が出てきた。

 - 政治, 社会

  関連記事

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …