ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」号に再びトラブルが発生し、打ち上げが中止となった。打ち上げ17分前に電気系統に異常が発生、原因が究明できず打ち上げは中止となった。

  羅老号は韓国初の人工衛星搭載ロケット。これまで1号ロケット、2号ロケットの開発が進められてきたが、すべて失敗している。今回のプロジェクトは3機目となる。韓国主要なロケット技術のほとんどをロシアに頼っているが、ロシア側は技術の流出を極度に警戒している。このため韓国人技術者はロケットに近づくことが禁止されており、韓国側は事態の把握が難しいといわれている。

 前回のトラブルはロシア側が制作した1段ロケットで発生した。ロシア側から新しい部品を取り寄せ、今回の打ち上げに備えていた。今回のトラブルは韓国が開発した2段ロケット部分で発生したとみられる。

 一流国の仲間入りを目指したい韓国にとって、衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。 だがロケットの自力開発は困難を極め計画は頓挫。諸外国から技術援助 を受けるやり方に転換したものの、米国や日本は技術供与を断り、フランスは法外な価格を提示したといわれている。最終的にロシアから技術を購入して作られ たのがこの羅老号だが、実質的には技術の購入ではなく、製品の購入に近い形での妥協を強いられている。

 韓国独自のロケット技術は「日本の1970年前後の水準」(航空技術者)といわれ、宇宙開発の先進国とは比較にならないくらいお粗末なレベル。本当に技術を獲得したければ、米国や日本がやってきたように、長い時間とコストをかけ、着実に課題を解決していくしかない。
 韓国当局はロシアからの購入という安易な方法でプロジェクトを進めてきたわけだが、ロシア側は韓国に技術全体を供与するつもりはない。仮に打ち上げが成功したとしても、韓国はロシアに依存しなければロケットを打ち上げることができない状態が続いてしまうのだ。

 韓国が無理を重ねてロシアに依存するプロジェクトを進めてきたのは、メンツを保ちたいというその一心から。だがこういった国益にならないプロジェクトを実施することに対して、さすがの韓国でも異論の声が上がりはじめている。
 ロシアとの契約は来年12月に切れてしまう。韓国当局はいよいよ羅老号のプロジェクトについて重大な決断を迫られる可能性が出てきた。

 - 政治, 社会

  関連記事

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

no image
米大統領選挙戦本格化、スキャンダル合戦始まる

 フロリダ州タンパで共和党大会が開催される。米国はこれから大統領選挙一色になる。 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

aso03
麻生財務省のナチス発言に見る、自民党中枢部の感覚の「古さ」

 憲法改正をめぐって麻生財務相が「ナチスの手口を学ぶべき」という趣旨の発言をした …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …