ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在の社会に対して全体的に満足していると答えた人は65.9%と調査開始以来、最高水準となった。労働者の実質賃金が低迷する中、意外にも社会に対する満足度は上がっているようだ。

sinjuku

 同調査は、国民の社会に対する意識の把握を目的に内閣府が毎年実施している。調査項目は入れ替えが行われるが、社会全体について満足しているのかを問う項目は2009年から盛り込まれている。

 2009年時点において、社会に満足している人の割合は39.9%だった。満足する人の割合は年々上昇してきたが、顕著に満足度が上がったのは2013年の調査からである。2013年は53.4%に、2014年は60.8%に達したが、この時期はアベノミクスの時期と符合している。

 アベノミクスの期間中、実質賃金は低下が続き、労働者の実質的な所得は低下している。商品の値上げも相次ぎ、生活実感は苦しくなっていた可能性が高い。だが満足度の結果はこれとは正反対になっている。

  一般的にこうした調査の結果は経済的な環境との相関が高いとされる。だが、この調査は社会的な満足度を問うものなので、経済的な状態にすべてが左右されるわけではない。自民党は戦後、一貫して利益誘導型の政治を行ってきたが、安倍政権は「安心」や「強いニッポン」など情緒に訴えかける政治であり、その点において従来型の自民党政治とは大きく異なっている。こうした情緒的な戦略が功を奏している可能性は高い。

 経済的な面については別の見方もできる。アベノミクスで実質賃金が低下したのは円安による輸入物価の高騰が原因であり、名目上の賃金はわずかだが上昇している。多くの労働者は名目上の賃金が上がったことで生活が豊かになったと認識した可能性がある。実際、満足度の上昇ペースと名目賃金上昇のペースはおおよそ符合している。

 現在、量的緩和策の先行きについては専門家の間でも意見が分かれている。このまま量的緩和策を続けた場合、物価の上昇に賃金が追い付かず、実質賃金が下落する可能性もある。だが社会の満足度が名目賃金に依存するのだとすると、インフレ政策を続けることは政治的には意味があるという解釈になる。

 インフレによって諸問題を解決してしまおうという試みは歴史的に何度も繰り返され、その弊害についても幾度となく指摘されてきた。だがインフレはその影響が顕著になるまでは、国民の満足度に大きく影響しない。これもインフレ政策への誘惑が存在する理由のひとつかもしれない。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

rikenchousakekekka
STAP細胞疑惑の最終報告。やはり科学的真実は分からずじまい

 理化学研究所は2014年4月1日、新しい万能細胞である「STAP細胞」の論文問 …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

no image
マスターズ初の女性会員となったライス前国務長官はモテモテで有名

 ゴルフのメジャー大会であるマスターズ・トーナメントを開催するオーガスタ・ナショ …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …