ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在の社会に対して全体的に満足していると答えた人は65.9%と調査開始以来、最高水準となった。労働者の実質賃金が低迷する中、意外にも社会に対する満足度は上がっているようだ。

sinjuku

 同調査は、国民の社会に対する意識の把握を目的に内閣府が毎年実施している。調査項目は入れ替えが行われるが、社会全体について満足しているのかを問う項目は2009年から盛り込まれている。

 2009年時点において、社会に満足している人の割合は39.9%だった。満足する人の割合は年々上昇してきたが、顕著に満足度が上がったのは2013年の調査からである。2013年は53.4%に、2014年は60.8%に達したが、この時期はアベノミクスの時期と符合している。

 アベノミクスの期間中、実質賃金は低下が続き、労働者の実質的な所得は低下している。商品の値上げも相次ぎ、生活実感は苦しくなっていた可能性が高い。だが満足度の結果はこれとは正反対になっている。

  一般的にこうした調査の結果は経済的な環境との相関が高いとされる。だが、この調査は社会的な満足度を問うものなので、経済的な状態にすべてが左右されるわけではない。自民党は戦後、一貫して利益誘導型の政治を行ってきたが、安倍政権は「安心」や「強いニッポン」など情緒に訴えかける政治であり、その点において従来型の自民党政治とは大きく異なっている。こうした情緒的な戦略が功を奏している可能性は高い。

 経済的な面については別の見方もできる。アベノミクスで実質賃金が低下したのは円安による輸入物価の高騰が原因であり、名目上の賃金はわずかだが上昇している。多くの労働者は名目上の賃金が上がったことで生活が豊かになったと認識した可能性がある。実際、満足度の上昇ペースと名目賃金上昇のペースはおおよそ符合している。

 現在、量的緩和策の先行きについては専門家の間でも意見が分かれている。このまま量的緩和策を続けた場合、物価の上昇に賃金が追い付かず、実質賃金が下落する可能性もある。だが社会の満足度が名目賃金に依存するのだとすると、インフレ政策を続けることは政治的には意味があるという解釈になる。

 インフレによって諸問題を解決してしまおうという試みは歴史的に何度も繰り返され、その弊害についても幾度となく指摘されてきた。だがインフレはその影響が顕著になるまでは、国民の満足度に大きく影響しない。これもインフレ政策への誘惑が存在する理由のひとつかもしれない。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …