ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影響によって長期金利が上昇に転じたことがその理由だが、国内では不動産向け融資の加熱が取り沙汰されている時期だけに、少々気になる動きといえる。

jutakurone

 三菱UFJ銀行は4月1日からにおける住宅ローン金利を大幅に引き上げた。10年固定特約型で金利がもっとも優遇されるタイプの金利は1.05%となり、3月から比較すると0.5%の上昇となる。同行は金利引き下げキャンペーンを実施していたため上昇幅が大きくなったが、三井住友銀行も0.25%引き上げて1.05%にするなど、各行は同じ動きを見せている。

  日銀が2016年2月にマイナス金利を導入して以降、住宅ローンの金利は一気に低下が進んだ。金融機関の利ざやは低下するが、それでも住宅ローンをはじめとする不動産融資は、金融機関にとっては収益を上げる数少ない機会であった。

 このため、各行は不動産融資に力を入れており、特にアパート向けの融資は相続税対策もあり、顕著な伸びを示してきた。人口減少地域であるにもかかわらずアパート建設が進むケースもあり、一部からはバブルの懸念も指摘されている。日銀もこの事態を注視しており、2017年における考査方針の重点項目に不動産融資が盛り込まれた。

 今回、各行が住宅ローンを引き上げたのは、トランプ経済によって長期金利が上昇していることが背景にある。日本の場合、マイナス金利政策が継続しており、このまま金利上昇が継続すると見る向きは少ない。ただ米国経済が順調に回復し、米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)が金利の引き上げを急いだ場合、日本の国債市場にも金利上昇圧力がかかる可能性は否定できない。

 現在の経済状況で金利が不用意に上がってしまうと、不動産融資の急激な縮小を招き、金融市場が混乱する可能性がある。今回の金利引き上げが、スムーズな融資正常化を促すきっかけになるのであれば、むしろ好ましい動きといってよいだろう。

 マイナス金利を導入しているのは日本だけではないが、日本における長短の利ざやは極端に低い。ここまで利ざやが小さいとマイナス金利がもたらすメリットよりも弊害が大きくなってしまう。マイナス金利を継続するにしても、その枠組みの中での正常化が必要だろう。異常な水準の低金利はそろそろボトムということのなのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …