ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影響によって長期金利が上昇に転じたことがその理由だが、国内では不動産向け融資の加熱が取り沙汰されている時期だけに、少々気になる動きといえる。

jutakurone

 三菱UFJ銀行は4月1日からにおける住宅ローン金利を大幅に引き上げた。10年固定特約型で金利がもっとも優遇されるタイプの金利は1.05%となり、3月から比較すると0.5%の上昇となる。同行は金利引き下げキャンペーンを実施していたため上昇幅が大きくなったが、三井住友銀行も0.25%引き上げて1.05%にするなど、各行は同じ動きを見せている。

  日銀が2016年2月にマイナス金利を導入して以降、住宅ローンの金利は一気に低下が進んだ。金融機関の利ざやは低下するが、それでも住宅ローンをはじめとする不動産融資は、金融機関にとっては収益を上げる数少ない機会であった。

 このため、各行は不動産融資に力を入れており、特にアパート向けの融資は相続税対策もあり、顕著な伸びを示してきた。人口減少地域であるにもかかわらずアパート建設が進むケースもあり、一部からはバブルの懸念も指摘されている。日銀もこの事態を注視しており、2017年における考査方針の重点項目に不動産融資が盛り込まれた。

 今回、各行が住宅ローンを引き上げたのは、トランプ経済によって長期金利が上昇していることが背景にある。日本の場合、マイナス金利政策が継続しており、このまま金利上昇が継続すると見る向きは少ない。ただ米国経済が順調に回復し、米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)が金利の引き上げを急いだ場合、日本の国債市場にも金利上昇圧力がかかる可能性は否定できない。

 現在の経済状況で金利が不用意に上がってしまうと、不動産融資の急激な縮小を招き、金融市場が混乱する可能性がある。今回の金利引き上げが、スムーズな融資正常化を促すきっかけになるのであれば、むしろ好ましい動きといってよいだろう。

 マイナス金利を導入しているのは日本だけではないが、日本における長短の利ざやは極端に低い。ここまで利ざやが小さいとマイナス金利がもたらすメリットよりも弊害が大きくなってしまう。マイナス金利を継続するにしても、その枠組みの中での正常化が必要だろう。異常な水準の低金利はそろそろボトムということのなのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …