ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした新しい法案が今国会で成立する見込みとなっている。法案が成立すれば民泊が正式に認められることになるが、年間宿泊日数に制限が加えられるなど、事業目的の民泊を制限する内容も含まれている。

minpaku

 政府は3月10日、住宅宿泊事業法案(民泊新法)を閣議決定し国会に提出した。民泊はシェアリング・エコノミーを代表するサービスのひとつであり、日本でもエアビーアンドビーを中心に複数の民泊仲介サイトが立ち上がっている。エアビーには、2015年時点において、すでに2万件を越える物件がサイトに登録されていることを考えると、社会的なインフラのひとつに成長しているといっても過言ではない。

 実際、日本では民泊はインフラとして期待されていた面があった。日本は先進諸外国と比較して定常的に外国人を受け入れる宿泊施設が少なく、東京オリンピックではホテル不足が懸念されていたからである。

 だが民泊が普及するにつれて多くの問題が発生するようになってきた。顧客から代金を取って宿泊させるには、旅館業法に基づく許可が必要となるが、民泊ホストのほとんどはこうした手続きを経ていない。民泊を宿泊施設とみなすなら、無許可営業ということになってしまう。旅館業法の許可を得るためには相応のコストがかかることから、旅館業界が顧客を奪われるとして反発を強めていた。

 また一部のマンションでは、住民と宿泊客の間でトラブルが発生しており、部屋の持ち主と管理組合との間で訴訟になるケースも出てきている。

 こうした状況に歯止めをかけ、民泊の利用について明確なルールを定めようというのが、今回の法案提出の目的である。新しい法案では、民泊を正式に認める代わりに都道府県への届けと苦情処理などへの対応を義務付けた。一方で、民泊の位置付けについて、あくまで住宅の一室を提供するものとし、年間の宿泊日数を180日以内に制限している。地方自治体が条例によって営業日数をさらに制限することも可能だ。

 つまり民泊は正式に認めるものの、あくまで自身の住宅の部屋を提供することを大前提にするという内容である。実際、年間のうち半分以下しか稼働できないということになると、事業目的の民泊の多くは機能しなくなると見る関係者は多い。

 具体的な影響については、実際に法律が施行されるまでは何ともいえない。だがエアビーでは、日本において民泊仲介以外のサービスを拡大するとしている。少なくとも同社は、日本での事業の先行きについてあまり楽観視していないようだ。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …