ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした新しい法案が今国会で成立する見込みとなっている。法案が成立すれば民泊が正式に認められることになるが、年間宿泊日数に制限が加えられるなど、事業目的の民泊を制限する内容も含まれている。

minpaku

 政府は3月10日、住宅宿泊事業法案(民泊新法)を閣議決定し国会に提出した。民泊はシェアリング・エコノミーを代表するサービスのひとつであり、日本でもエアビーアンドビーを中心に複数の民泊仲介サイトが立ち上がっている。エアビーには、2015年時点において、すでに2万件を越える物件がサイトに登録されていることを考えると、社会的なインフラのひとつに成長しているといっても過言ではない。

 実際、日本では民泊はインフラとして期待されていた面があった。日本は先進諸外国と比較して定常的に外国人を受け入れる宿泊施設が少なく、東京オリンピックではホテル不足が懸念されていたからである。

 だが民泊が普及するにつれて多くの問題が発生するようになってきた。顧客から代金を取って宿泊させるには、旅館業法に基づく許可が必要となるが、民泊ホストのほとんどはこうした手続きを経ていない。民泊を宿泊施設とみなすなら、無許可営業ということになってしまう。旅館業法の許可を得るためには相応のコストがかかることから、旅館業界が顧客を奪われるとして反発を強めていた。

 また一部のマンションでは、住民と宿泊客の間でトラブルが発生しており、部屋の持ち主と管理組合との間で訴訟になるケースも出てきている。

 こうした状況に歯止めをかけ、民泊の利用について明確なルールを定めようというのが、今回の法案提出の目的である。新しい法案では、民泊を正式に認める代わりに都道府県への届けと苦情処理などへの対応を義務付けた。一方で、民泊の位置付けについて、あくまで住宅の一室を提供するものとし、年間の宿泊日数を180日以内に制限している。地方自治体が条例によって営業日数をさらに制限することも可能だ。

 つまり民泊は正式に認めるものの、あくまで自身の住宅の部屋を提供することを大前提にするという内容である。実際、年間のうち半分以下しか稼働できないということになると、事業目的の民泊の多くは機能しなくなると見る関係者は多い。

 具体的な影響については、実際に法律が施行されるまでは何ともいえない。だがエアビーでは、日本において民泊仲介以外のサービスを拡大するとしている。少なくとも同社は、日本での事業の先行きについてあまり楽観視していないようだ。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …