ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている。米国による攻撃そのものは驚くような事態ではないが、人道問題などに対する不介入を掲げてきたトランプ政権の方針とは正反対の決断だったからである。背景にはトランプ政権内部における保守強硬派の影響力低下がある。

siriakougeki

 トランプ政権は「米国第一主義」を掲げており、自国の利益に関係しない限り人権問題など国際問題には関与しない方針を明確にしていた。こうした自国第一主義はトランプ氏の熱烈な支持層である保守強硬派が強く主張してきた考え方である。

 日本では保守や右派と呼ばれる層は論理よりも情緒が優先することが多く、ナショナリストを称していながら、ロシアのプーチン大統領に親近感を持ったり、軍事力を伴った米国による他国への介入を支持するという矛盾した傾向が見られる。
 だが論理的な近代社会である米国の場合、保守強硬派は基本的には米国第一主義であり、理由の如何を問わず、自国の利益にならない政策は一切望まない。トランプ政権における保守強硬派のトップはスティーブ・バノン主席戦略官だが、バノン氏は過激な保守系メディアの運営者として頭角を現し、移民などに対する相次ぐ差別的発言でリベラル系から批判されている人物である。

 今回、シリアが化学兵器を使用したことに対して米国は人道的見地からシリア攻撃を決断したが、これはトランプ政権の当初の方針とは180度異なる決断だ。人権を重視する主流派が攻撃を強く主張し、トランプ氏がこれに同意した格好だが、政権内で唯一、シリア攻撃に強硬に反対したのがバノン氏といわれる。

 論理的な右翼であるバノン氏からすれば、人道的理由で米国がシリアに干渉するなどあってはならないことなのだろう。だがバノン氏は政権内で孤立しており、すでにNSC(国家安全保障会議)の常任メンバーからも外されている。今後、政権における保守強硬派の立場はかなり劣勢になる可能性が高い。

 だが市場がこれにどう反応するのは何ともいえない。移民排除といったナショナリスト的な政策が後退する可能性が高まる一方、安全保障の主導権が国防総省に移ったことで、大規模な減税やインフラ投資の実現が危ぶまれる可能性もある。積極的な軍事介入を継続しながら、大規模な減税とインフラ投資を実施するのは財政的に厳しいからである。

 良く言えば柔軟で、悪く言えば場当たり的なトランプ大統領の決断は今のところ大きな失態にはつながっていない。だが安全保障政策が迷走するような状況なった場合、政権運営に支障を来す可能性も十分に考えられる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …