ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡の是正を強く主張していたことから、交渉は難航が予想されたが、米国は意外にもソフトな対応を見せ、時間を区切った形での長期戦を選択した。

trumpchina

 トランプ大統領と習近平国家主席は2017年4月7日、フロリダ州パームビーチで首脳会談を行った。トランプ政権は貿易不均衡の是正を最重要課題のひとつとして掲げており、最大の貿易赤字を抱える中国との会談は激しいやり取りになることが予想されていた。

 2016年における米国の貿易収支は約5000億ドル(約55兆円)の赤字となっており、このうち対中国の赤字は6割を占めている。トランプ氏は過去何度も中国を名指しで批判しており、今回の会談では中国側に貿易不均衡の是正を強く求める可能性を示唆していた。

 だがフタをあけてみると米側の出方は意外にもソフトで、中国に対してそれほど強硬な姿勢は示さなかった。会談後には記者団に対して「中国とは素晴らしい関係が築けた」と友好関係をアピールしている。

 通商問題については、貿易不均衡の是正に向け「100日計画」を実施することで両国は合意。トランプ氏はツイッターで通商問題に関して「時間をかけて解決していく」という趣旨の発言をしており、長期戦で取り組む姿勢を鮮明にした。

 実はこうした戦略には多少の伏線があった。トランプ氏は3月31日、米中首脳会談に先立ち、貿易不均衡是正に関する大統領令に署名した。これは商務省など通商政策の関係省庁に対し、90日以内に貿易不均衡の実態に関する調査を行い、結果を大統領に報告するという内容である。今後、各省は貿易不均衡に関する具体的な調査を始し、どの国が不公正な貿易を行っているのか大統領に報告することになる。

 ロス商務長官はこの調査対象に中国が入る可能性を示唆しているが、具体的な調査内容は明らかになっていない。つまり米国が中国に対して制裁発動も含めた強硬措置を取るのかは、報告書が提出されるまで分からないのだ。

 おそらく米国はこの間、実務レベルの交渉を水面下で実施し、中国が提示する100日計画の中身が有益なのかを見極め、制裁発動もチラつかせる形で交渉を進める可能性が高い。かつて日本との貿易交渉も長期戦だったことを考えると、十分にうなずける話である。

 とりあえず性急な動きはないことが明らかになったことで市場には多少の安堵感がひろがっている。ただ通商問題がどう転ぶか分からないという意味での不透明感は残ったままだ。交渉の状況を睨みながらの相場展開が当分の間、続くことになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …