ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡の是正を強く主張していたことから、交渉は難航が予想されたが、米国は意外にもソフトな対応を見せ、時間を区切った形での長期戦を選択した。

trumpchina

 トランプ大統領と習近平国家主席は2017年4月7日、フロリダ州パームビーチで首脳会談を行った。トランプ政権は貿易不均衡の是正を最重要課題のひとつとして掲げており、最大の貿易赤字を抱える中国との会談は激しいやり取りになることが予想されていた。

 2016年における米国の貿易収支は約5000億ドル(約55兆円)の赤字となっており、このうち対中国の赤字は6割を占めている。トランプ氏は過去何度も中国を名指しで批判しており、今回の会談では中国側に貿易不均衡の是正を強く求める可能性を示唆していた。

 だがフタをあけてみると米側の出方は意外にもソフトで、中国に対してそれほど強硬な姿勢は示さなかった。会談後には記者団に対して「中国とは素晴らしい関係が築けた」と友好関係をアピールしている。

 通商問題については、貿易不均衡の是正に向け「100日計画」を実施することで両国は合意。トランプ氏はツイッターで通商問題に関して「時間をかけて解決していく」という趣旨の発言をしており、長期戦で取り組む姿勢を鮮明にした。

 実はこうした戦略には多少の伏線があった。トランプ氏は3月31日、米中首脳会談に先立ち、貿易不均衡是正に関する大統領令に署名した。これは商務省など通商政策の関係省庁に対し、90日以内に貿易不均衡の実態に関する調査を行い、結果を大統領に報告するという内容である。今後、各省は貿易不均衡に関する具体的な調査を始し、どの国が不公正な貿易を行っているのか大統領に報告することになる。

 ロス商務長官はこの調査対象に中国が入る可能性を示唆しているが、具体的な調査内容は明らかになっていない。つまり米国が中国に対して制裁発動も含めた強硬措置を取るのかは、報告書が提出されるまで分からないのだ。

 おそらく米国はこの間、実務レベルの交渉を水面下で実施し、中国が提示する100日計画の中身が有益なのかを見極め、制裁発動もチラつかせる形で交渉を進める可能性が高い。かつて日本との貿易交渉も長期戦だったことを考えると、十分にうなずける話である。

 とりあえず性急な動きはないことが明らかになったことで市場には多少の安堵感がひろがっている。ただ通商問題がどう転ぶか分からないという意味での不透明感は残ったままだ。交渉の状況を睨みながらの相場展開が当分の間、続くことになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

pakukune
朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事 …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

no image
チェルノブイリの80倍!福島の甲状腺異常が急増するも、検討委員会は危険はないと主張

 原発被害を受けた福島県内の子供に甲状腺異常が拡大していることが指摘されてきたが …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …