ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまでアフガンに展開するIS(イスラム国)を掃討することが目的だが、政治的には確実に北朝鮮に対するメッセージとなる。一方でトランプ政権は、北朝鮮に対して核を放棄すれば体制変更は求めないというサインも送った。トランプ流の危うい交渉術は吉と出るのだろうか。

kitachosen

 米軍は2017年4月13日、通常兵器としては最強の破壊力を持つといわれる大規模爆風爆弾(MOAB)をアフガニスタンに投下した。イラク戦争前後に開発されたといわれているが、実戦で使用されるのは初めて。
 MOABは爆風に力点を置いた特殊な爆弾で、IS戦闘員が掘ったトンネルや地雷などを破壊することを目的に投下された。このところ、北朝鮮に対する攻撃リスクが高まっており、MOAB投下は北朝鮮空爆を意識したものという解釈が一般的だ。

 実際に米国が北朝鮮に対して攻撃を行う場合、地中深くまで貫通して爆発するバンカーバスターの使用が適しており、MOABが用いられる可能性は低い。だが政治的には確実に北朝鮮に対するプレッシャーとなるはずであり、当然、トランプ氏もこれを意識している。

 トランプ流の交渉術の一貫ということになるが、一部からは今回の爆撃とその後のメッセージは拙速だったとの見方も出ている。

 米国は他国に対する攻撃に例外はないとの立場だが、現実は違う。これまで米国は核保有国を攻撃したことはなく、北朝鮮にとってみれば、核さえ保有してしまえば体制の維持が保障される。
 トランプ氏はMOAB投下の後、北朝鮮に対して核を放棄すれば体制の転換を求めないというサインを送った。これはまさに米国のホンネであり、北朝鮮としては有益な交渉カードを得たとも解釈することもできる。

 独裁政権における最優先事項は自らの体制維持なので、普通に考えれば北朝鮮は何らかの譲歩を見せてくる可能性が高い。だが、とにかく核の開発さえやめてくれれば体制の維持も認めるというサインを出してしまったことは今後の交渉を難しくする可能性がある。

 - 政治 , ,

  関連記事

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

no image
統一教会の教祖、文鮮明氏が死去。北朝鮮の開放政策にも影響か?

  統一教会の(世界基督教統一神霊協会)の創始者である文鮮明氏が3日、韓国で死去 …