ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外国人客、特に中国人観光客の取り込みである。ビットコインは相場が安定しておらず価格が乱高下しているが、決済通貨としての存在感は確実に高まっている。

bitcoinkessai

 家電量販店のビックカメラは2017年4月7日、有楽町店など2店舗でビットコイン決済の試験導入を開始した。またリクルートライフスタイルも今年の夏から店舗向けの決済サービスでビットコインに対応する。

 ビックカメラは決済サービス導入にあたり、仮想通貨関連事業を手がける株式会社ビットフライヤーと提携。店舗においてビットコインで支払う場合、店員がアプリに代金を入力すると、ビットコインに換算した支払金額と決済関連情報を含んだQRコードが作成される。顧客はそのQRコードを使ってビットコインを支払う。

 1回の決済上限は10万円で、ポイントは現金で購入した場合と同率が付与される。決済に必要なアプリは何度もよく、決済情報を読み取ることができれば支払いができる。一般的にビットコインは送金完了までの多少時間がかかるものだが、同社のサービスは送金開始から数秒で決済が完了する。ブロックチェーンの書き換えがすべて終わらなくても、送金されたと見なして処理している可能性が高いが、売り場の状況を考えると現実的な措置といってよいだろう。

 リクルートライフスタイルは現在、外食や小売店舗向けに中国の「アリペイ」や「LINEペイ」に対応する決済サービスを提供している。今年の夏からは、コインチェック株式会社などと提携し、ビットコインによる支払いを追加する。

 両社とも背景にあるのは中国人観光客の取り込みである。ビットコインはこのところ乱高下が続いており相場は安定していない。だが中国では海外決済通貨としての利用が拡大しており、来日する観光客の中にはビットコインでの支払いを望む人がいる。中国の場合には、自国から資産を海外に避難するための手段にもなっていることから、普及が進んでいる。

 こうした特殊な背景があるとはいえ、決済通貨としてのビットコインは着実に広がっている。日本ではビットコインを準通貨として認める改正資金決済法が4月1日からようやく施行された。2社のサービス導入もこの法改正がきっかけとなっており、今後もビットコイン決済導入の動きは拡大しそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …