ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ減額に乗り出した。ロイヤリティ減額は本部の収益を直撃するため諸刃の剣である。業界関係者の多くは、コンビニ市場がいよいよ曲がり角を迎えたサインと認識しているようだ。

seveneleven

 セブン-イレブンは2017年4月6日、加盟店から徴収するロイヤリティを1%減額すると発表した。減額を開始するのは9月1日からで、期間は「当面の間」としているが、恒久的な措置となる可能性が高い。

 一般にコンビニのロイヤリティは加盟店にとって厳しい条件となっており、その中でもセブンのロイヤリティは高めといわれてきた。この高額なロイヤリティがセブン本体の高収益を支えてきたともいえる。

 が拡大しているうちは、加盟店と本部の利益は一致するが、市場が飽和してくると、場合によっては利益相反に陥る可能性がある。実際、一部のコンビニ加盟店は経営が苦しくなっており、本部との契約内容があまりにも厳しいとして労働委員会に救済を申し立てるケースが出てきた。
 フランチャイズの加盟店はれっきとした独立自営業者なので、保護の対象となる労働者とは異なる存在である。本来なら救済の対象とはならないが、こうした事例が出てきてきたということは、市場環境がかなり厳しくなっていることの裏返しとみた方がよいだろう。

 これまで同社は鈴木敏文前会長によるワンマン経営が続いてきた。鈴木氏はセブンの収益低下につながるロイヤリティ減額を認めず、セブン内部ではこの問題は聖域化していたともいわれる。だが鈴木氏が退任したことで環境が変わり、今回の決断につながった。

 市場の拡大で問題を解決することができない以上、加盟店にある程度、利益を分配しないとチェーン全体の質が低下してしまう。今回、セブンがロイヤリティの減額に踏み切ったということは、コンビニのビジネスが拡大期から縮小均衡期にシフトしたことを意味している。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …