ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ減額に乗り出した。ロイヤリティ減額は本部の収益を直撃するため諸刃の剣である。業界関係者の多くは、コンビニ市場がいよいよ曲がり角を迎えたサインと認識しているようだ。

seveneleven

 セブン-イレブンは2017年4月6日、加盟店から徴収するロイヤリティを1%減額すると発表した。減額を開始するのは9月1日からで、期間は「当面の間」としているが、恒久的な措置となる可能性が高い。

 一般にコンビニのロイヤリティは加盟店にとって厳しい条件となっており、その中でもセブンのロイヤリティは高めといわれてきた。この高額なロイヤリティがセブン本体の高収益を支えてきたともいえる。

 が拡大しているうちは、加盟店と本部の利益は一致するが、市場が飽和してくると、場合によっては利益相反に陥る可能性がある。実際、一部のコンビニ加盟店は経営が苦しくなっており、本部との契約内容があまりにも厳しいとして労働委員会に救済を申し立てるケースが出てきた。
 フランチャイズの加盟店はれっきとした独立自営業者なので、保護の対象となる労働者とは異なる存在である。本来なら救済の対象とはならないが、こうした事例が出てきてきたということは、市場環境がかなり厳しくなっていることの裏返しとみた方がよいだろう。

 これまで同社は鈴木敏文前会長によるワンマン経営が続いてきた。鈴木氏はセブンの収益低下につながるロイヤリティ減額を認めず、セブン内部ではこの問題は聖域化していたともいわれる。だが鈴木氏が退任したことで環境が変わり、今回の決断につながった。

 市場の拡大で問題を解決することができない以上、加盟店にある程度、利益を分配しないとチェーン全体の質が低下してしまう。今回、セブンがロイヤリティの減額に踏み切ったということは、コンビニのビジネスが拡大期から縮小均衡期にシフトしたことを意味している。

 - 経済 , , ,

  関連記事

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …