ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国内に動揺が広がっている。民主国家のメリットを100%享受しているはずの在独トルコ人の多くがエルドアン大統領による権力強化に賛成票を投じたからである。民主主義と保守主義の狭間で揺れ動くトルコ人の心情は日本人にも通じるものがある。

erudoan

 トルコのエルドアン大統領は、近年、独裁主義的な傾向を強めており、反対勢力やメディアの弾圧を行っている。エルドアン氏は自身の権限をさらに強化するため、憲法改選を目論んでおり、国民投票の実施に踏み切った。

 半ば民主主義の否定につながる今回の憲法改正案については民主派を中心に反対の声が大きく、当初は否決される可能性が高いともいわれていた。だが結果は賛成が51.3%、反対が48.7%と僅差でエルドアン氏の勝利となった。

 この結果に驚愕しているのがドイツである。その理由は、ドイツに移住し民主的で豊かなドイツ社会に馴染んでいると思われていた在独トルコ人の過半数がエルドアン氏による独裁強化に支持票を投じたからである。

  ドイツ人は民主的で豊かなドイツ社会での生活を経験すれば、どんな人でも民主的な精神を身に付けられると考えており、これが世界の民主化に貢献すると考えている。そうであればこそ、国内で摩擦が生じることが分かっていながらも移民を積極的に受け入れてきた。

 ところがフタを開けてみると、参政権を持つ在独トルコ人の過半数が、エルドアン氏の独裁強化に賛成票を投じてしまった。しかもその中にはドイツ社会で成功した裕福なトルコ人も多数含まれている。一部のドイツ人は、こうした在独トルコ人に対して、民主主義の恩恵を100%享受しておきながら、母国における非民主的な動きを支持するのは好ましくないと厳しく批判している。

 こうした一種、矛盾した言動は、成功したトルコ人ですらドイツ国内では疎外感を味わっているという現実を如実に表している。ドイツで豊かな暮らしをしているトルコ人は、自身の矛盾には気付いているだろうが、心情的には欧米流の民主的な価値観を100%受け入れることができない。そうなるとドイツは何のために移民を受け入れてきたのか分からなくなってしまう。

 こうしたトルコ人のアンビバレントな感情は欧米流の民主主義と保守的な価値観との間で揺れ動く日本人にも共通したものといえる。

 民主主義を標榜する人は、多くが経済的・社会的に成功した人であり、彼等はどんな人でも民主的な価値観は身に付くものと考えている。だが、全員がそれを実現できるとは限らない。豊かで民主的な欧米型社会とそれ以外の社会との断絶は想像以上に大きいのかもしれない。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …