ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上する方向で調整を進めている。国内市場が頭打ちとなる中、今後の成長シナリオの中核となっていた海外戦略は最初から躓く結果となった。

nihonyusei

 減損の対象となるのはオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングス。日本郵政は2015年5月、6200億円もの費用を投じて同社を買収したが、のれん代が4700億円に達するなどあまりにも割高であるとの指摘が一部からあった。買収した時点でのトール社の業績は売上高が約8400億円、純利益が約280億円しかなく、買収費用を回収するには単純計算で20年以上の歳月が必要となる。

 だが上場を控えた同社には多くの期待が寄せられており、とりわけ海外戦略は今後の成長の柱とされた。このため買収価格の高さについてはあまり問題視されずに上場を果たしたが、結局、買収から2年も経たずに巨額減損に追い込まれた。

 同社は、計上されている約4000億円ののれん代を一括して償却する方針といわれる。当初は20年間の均等償却だったが、ここに来てほぼ全額償却となったのは、トール社の業績が急激に落ち込んでいるからだ。
 2016年4~12月期におけるトール社の営業利益は買収時と比較すると7割以上も減少している。このままでは買収時に想定した事業計画を達成することは困難であり、結果として、のれん代についても全額償却をせざるを得なくなった。

 もっとも日本郵政は15兆円の自己資本があり、今回、4000億円の減損を計上したところで財務的に大きな問題にはならない。だが同社が上場するにあたっては、今後の成長見通しが立たないまま、政府の財源確保という目的からスケジュールを急いだという経緯がある。
 今後の成長シナリオとして有力視されていたのが海外戦略であり、トール社の買収はそのモデルケースとなるはずだった。その意味では、同社の成長シナリオは最初から躓いた格好であり、今後の株価形成にはかなりのマイナス材料となるだろう。

 また損失の原因が海外企業の巨額買収であるという点も見逃せない。このところ不正会計が問題となっている東芝も、事の発端となったのは、米国の原子力企業ウェスチングハウスを高値で買収したことである。

 東芝に続いて日本郵政でも海外巨額買収が失敗したということになると、日本企業による海外M&Aに対しては市場から厳しい視線が注がれることになる。もし一連の出来事によって日本企業が海外展開に躊躇するようになれば、いよいよ縮小均衡の袋小路に迷い込むことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …