ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上する方向で調整を進めている。国内市場が頭打ちとなる中、今後の成長シナリオの中核となっていた海外戦略は最初から躓く結果となった。

nihonyusei

 減損の対象となるのはオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングス。日本郵政は2015年5月、6200億円もの費用を投じて同社を買収したが、のれん代が4700億円に達するなどあまりにも割高であるとの指摘が一部からあった。買収した時点でのトール社の業績は売上高が約8400億円、純利益が約280億円しかなく、買収費用を回収するには単純計算で20年以上の歳月が必要となる。

 だが上場を控えた同社には多くの期待が寄せられており、とりわけ海外戦略は今後の成長の柱とされた。このため買収価格の高さについてはあまり問題視されずに上場を果たしたが、結局、買収から2年も経たずに巨額減損に追い込まれた。

 同社は、計上されている約4000億円ののれん代を一括して償却する方針といわれる。当初は20年間の均等償却だったが、ここに来てほぼ全額償却となったのは、トール社の業績が急激に落ち込んでいるからだ。
 2016年4~12月期におけるトール社の営業利益は買収時と比較すると7割以上も減少している。このままでは買収時に想定した事業計画を達成することは困難であり、結果として、のれん代についても全額償却をせざるを得なくなった。

 もっとも日本郵政は15兆円の自己資本があり、今回、4000億円の減損を計上したところで財務的に大きな問題にはならない。だが同社が上場するにあたっては、今後の成長見通しが立たないまま、政府の財源確保という目的からスケジュールを急いだという経緯がある。
 今後の成長シナリオとして有力視されていたのが海外戦略であり、トール社の買収はそのモデルケースとなるはずだった。その意味では、同社の成長シナリオは最初から躓いた格好であり、今後の株価形成にはかなりのマイナス材料となるだろう。

 また損失の原因が海外企業の巨額買収であるという点も見逃せない。このところ不正会計が問題となっている東芝も、事の発端となったのは、米国の原子力企業ウェスチングハウスを高値で買収したことである。

 東芝に続いて日本郵政でも海外巨額買収が失敗したということになると、日本企業による海外M&Aに対しては市場から厳しい視線が注がれることになる。もし一連の出来事によって日本企業が海外展開に躊躇するようになれば、いよいよ縮小均衡の袋小路に迷い込むことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

yamadadenki
ヤマダ電機の素早いリストラの背景には、村上ファンド系モノ言う株主の存在が

 家電量販店最大手のヤマダ電機は5月末までに約40の店舗を一斉閉鎖する。収益性の …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …