ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状況に陥っている。以前から懸念されていたことではあるが、売買する投資家が増えず、取引が事実上ゼロになっているという。

tinageeft

 日銀は2015年12月の金融政策決定会合において、年間3兆円のETF購入枠とは別に「設備・人材投資に積極的な企業の株式を組み入れるETF」を追加購入する方針を明らかにした。アベノミクスの趣旨に沿った経営を行う企業の株式を積極的に購入することで、量的緩和策の効果を補完しようという目論見である。

 日銀が購入することが分かっているので、投信各社はこれに飛びつき、新しい投信の組成を行ったが、市場関係者の反応は総じて冷ややかであった。

 賃上げを行えば短期的には企業の収益を低下させてしまう。賃上げが長期的な収益拡大に寄与する銘柄だけを選別するのは極めて困難であり、現実的にはすでに高い業績を上げている企業に絞られることになる。
 だが高収益企業は業績がピーク・アウトしている可能性が高く、こうした企業ばかりを組み入れてしまうと、逆にパフォーマンスが低下することもある。

 実際、上場した賃上げETFのパフォーマンスは日経平均とほぼ同じが場合によっては下回っており、懸念は現実のものとなっている。儲からない商品を積極的に買う投資家はおらず、売買高は減少が続いた。最近では売買高ゼロという日も増えており、上場銘柄としては事実上機能しない状況となっている。

 日銀は、1日あたり12億円、年間で3000億円を上限に購入枠を設定したが、これとは別に、市場への悪影響を排除するため、一般投資家と同じ額までしか購入できないというルールも定めていた。一般投資家による売買がほとんどゼロになってしまったことから、日銀も買い入れができなくなった。

 賃上げETFは、日銀が購入を表明すれば、市場参加者は喜んでその商品を買うだろうという、まさに市場を愚弄した商品の典型といってよい。日銀の市場に対する無知や無理解は今に始まったことではないが、あまりにもスジが悪すぎた。

 日銀はすでに十数兆円のETFを保有しており、賃上げETFについて、限度一杯まで買ったとしても大きな割合にはならない。だが日銀が保有した賃上げETFは少額であっても、市場で自由に売買することは困難になっている。日銀は流動性のない資産をさらに抱え込んでしまったことになる。日本の株式市場はこのようにして蝕まれいくのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …