ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日、同社を実質的に支配するアルノー家が、クリスチャン・ディオールを完全子会社にすると発表した。
 LVMHは支配構造が複雑で、市場からは資本関係の整理が求められていた。ガバナンスをシンプルにするとともに、ディオール事業をLVMHに集約し機動的な体制にする。

aruno

 アルノー家は現在、LVMHの株式の約47%(議決権ベースでは過半数)を保有しており、実質的な支配者となっているが、アルノー家が直接保有している株式は約6%と少ない。残りの41%はクリスチャン・ディオールを通じて保有しているが、アルノー家が保有するディオール社のシェアは約74%となっている。

 今回は市場から残りの株式を買い付け、アルノー家がディオール社を100%所有するとともに、革製品などを扱う事業子会社クリスチャン・ディオール・クチュールをLVMHの子会社とする。香水などはすでにLVMHの傘下になっていたが、今回の株式移動でディオール事業のすべてがLVMHに集約される。

 LVMH傘下のブランドには、それぞれオーナーがいたが、不動産業界出身のアルノーが半ば強引な買収でひとつのグループへの集約化を進めてきた。この過程で各オーナーの利害が複雑に絡み、資本構成が複雑化していた。

 今回、資金を投じて資本関係を整理したことで、同グループに対する不透明感はかなり払拭されることになる。長期的に見てメリットは大きいだろう。
 アルノー家は今回の株式買収に現金に加えてエルメスの株式も用意している。エルメスの買収はすでに断念しているが、株価が上昇していることをうまく利用し買収資金として活用した格好だ。

 - 経済 ,

  関連記事

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

noma
「世界一のレストラン」で食中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?

 世界最高のレストランとして有名なデンマークの「NOMA(ノーマ)」で、ノロ・ウ …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …