ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制改革に関する基本方針を明らかにした。法人税を35%から15%に引き下げ、所得税の税率構造を簡素化する。減税規模の総額は明らかにしなかったが、内容的には事前の予想通りだったことから市場には安心感が広がっている。

tranpgenzei

 法人税改革ではこれまで35%だった連邦法人税率を15%まで引き下げる。共和党内には20%程度が妥当という議論もあったが、トランプ政権側が押し切った格好だ。米国が法人税を大幅に引き下げるのは、46%から34%への減税を行ったレーガン政権以来のことになる。

 個人の所得税については、最高税率を39.6%から35%に引き下げるとともに、これまで7段階だった税率を簡素化し、10%、25%、35%の3段階とした。基礎控除の引き上げを行うことで中間層の減税効果を大きくする一方、富裕層向けには、相続税の見直しや株式のキャピタルゲイン課税の引き下げなどを実施する。

 一連の施策が実施された場合、10年で3兆5000億ドル(約380兆円)程度の経済効果が見込めるとされるが、財源のメドは十分に立っておらず、国債増発は避けて通れない。説明に立ったムニューシン財務長官は減税規模について一切触れておらず、議会との調整が難航していることを伺わせた。

 規模はともかくして内容的にはトランプ氏が以前から主張してきたものであり、市場には安心感が広がっている。少なくとも税制改革がすべて頓挫するというリスクはかなり後退したとみてよいだろう。

 ただ議会の財政規律派との調整がつかず、減税規模が小さくなる可能性は残されている。議会との調整をうまく進めることができるのかが今後のポイントとなるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

nasamineika
NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS) …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …